上下歯の接触と顎引き姿勢によるエラ張り

この筋の肥大はエラ張り、お顔の横幅の増大に直結します。 ではどのようなことをすると筋肥大につながるか?簡単に言えば筋トレです。 くいしばり 過度な咀嚼回数、くいしばり,歯ぎしり、ガムを噛むなど、とにかく使う事です。 また、この筋の張力と咬合力により骨自体にも変形を及ぼし、リモデリングされます。 5 さらに顎関節内(下顎頭)に咬筋を支配する咬筋神経が取り巻く為、上下歯の接触による顎関節内(咬筋神経)への圧迫(刺激)はさらなる咬筋の緊張と肥大をもたらします。 image4 つまり要約しますと上下歯の接触によるエラ張りの機序の中には 神経,筋,骨が医学的(解剖学的)に関与していることがわかっています。   ・次に顎引きによる機序ですが 顎を引いた姿勢ですと頸椎前湾の減少(ストレートネック)を引き起こし、前述しました上下歯の接触が起こりやすい状態になります。 yjimage 黒線は当院でもアドバイスさせて頂いておりますカンペル平面(咬合平面)で、この線が地面と平行位が頸椎の弯曲と歯の接触を起こしにくい姿勢になります 実際にやって頂くと分かり易いです。   また、顎を引くと顎位(顎関節)は前方に移動(誘導)され、切端咬合気味になります。 切端 切端咬合は通常の咬合よりも物理的にエラ張りになりやすいです。   ではなぜか? 歯と歯の接触面積が大きければその分力は分散しやすいですが切端咬合の場合 力が歯と歯の接触(力)が点でかかるためより負荷も大きく、やはり力は横へ逃げていきます。 settanimg03 つまりエラ張り(不正咬合)と姿勢(S字湾曲)の関わり合いは強く、 噛みあわせの調整には全身の所見(ゆがみ)を診る必要があり、安定と良いリモデリングへの誘導には必要不可欠です。]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 抗酸化だけがアンチエイジングじゃない?!

  2. 患者様の声【美容鍼】R.Tさん 30歳 女性 会社員

  3. さつまの新しい試み

  4. 涙を流して、自然な笑顔を。

  5. Girls Award 2017 へ行ってきました

  6. 第6回 さつま書庫紹介

  1. 2017.08.10

    アンチエイジングの顎位を作るために

  2. 2017.08.03

    美顔に見える基準

  3. 2017.08.02

    勉強会 2017.8.1

  4. 2017.08.02

    患者様がフィットネスコンテストのグランプリ受賞(地方予選…

  5. 2017.07.25

    わざと首にしわ作っていませんか?

  1. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  2. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

  3. 2017.05.01

    さつま式矯正術の動画配信スタート

  4. 2017.04.24

    あなたの顔の筋肉の質は?チェック方法をご紹介

  5. 2017.02.13

    あなたのその座り方、顔の歪みの原因かも?!

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku