冷えは大敵!冷房病

そろそろ、梅雨も明けますます暑くなってきましたね。

昨年の猛暑を思い出すと、夏の暑さのつらさを思い出します。

また、毎日湿度も高く最近は冷房をつけることも多くなってきています。

そこで、今日は冷房病についてお話していきたいと思います。

 

<冷房病とは>

冷房病とは、クーラーなどで長時間体が冷やされて、皮下の毛細血管や、汗腺に異常が起こり引き起こります。

体温が急激に下がり、毛細血管が収縮してしまい、血行を妨げてしまいます。

また、体温調節にも重要な汗腺もコントロールが不良になります。

これらを支配、管理している自律神経にも影響し、全身的な不調をもたらすのです。

 

<症状は>

足、手、腰、胃腸など様々な冷え 慢性疲労 肩こり 腰痛 頭痛 腹痛 下痢 食欲不振 生理痛 不妊症 めまい 神経痛 感冒様症状  など

 

<原因は>

ヒトの体温は一定に保つよう恒常性が働いています。

夏の暑さのようなときには、体温を下げようと発汗を促します。しかし、長時間冷房にさらされていると汗をかくこともなく、体は冷えて毛細血管も収縮して血液を鬱滞させて、血行不良を起こします。

また、デスクワークや、就寝時のように体動が少なければ筋肉による産熱も少ないため、体は冷える一方です。

冷えた状態から、屋外など急な体温の変化が続くと、それに対応する自律神経も頻繁に働かなくてはいけないので、体には大きな負担がかかり、上記のような様々な症状を引き起こすのです。

 

<対策は>

・しっかり発汗すること

・入浴やサウナ、岩盤浴など体を芯から温める機会をつくる

・手足、肩首、腰おなかなどを冷やさないように注意する

・温かいお茶、スープなどや、しょうが、ニンニク、根菜など体を温める食材を摂取する

また体を冷やすような食材に気を付ける

・冷房の設定温度を下げすぎない 外気との温度差は5℃程度が理想

・気温差に対応できるように羽織れるものや、靴下など持ち歩く

・冷房を直で当たらないように配置などを対策する

などなどです。

 

☆当院でも患者様に心地よくお過ごしいただけるよう配慮いたしておりますが、皆様それぞれ快適温度は異なるものです。暑さ寒さをお感じになればいつでも気兼ねなくスタッフまでお声をお掛け下さい。

自律神経は体にとって、とても重要な働きを持ち、自律神経の乱れによる体調不良もいろいろな症状を引き起こし、コントロールが難しいものです。今年も猛暑となりそうですが、

できるだけ体調には気を付けて暑い夏を乗り切りましょう。

この夏も節電も大事ですしね!

]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 患者様の声 〜ミスグランドジャパン2016ファイナリスト 藤…

  2. 目の使い方と姿勢

  3. 朝、パイナップルを食べる習慣

  4. 舌の位置だけで 消える?

  5. 歪んでるなら知ってた方がいい!医学的に見る、顔と骨盤の関連性…

  6. フェイシャルデザイン分析

  1. 2017.08.10

    アンチエイジングの顎位を作るために

  2. 2017.08.03

    美顔に見える基準

  3. 2017.08.02

    勉強会 2017.8.1

  4. 2017.08.02

    患者様がフィットネスコンテストのグランプリ受賞(地方予選…

  5. 2017.07.25

    わざと首にしわ作っていませんか?

  1. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  2. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

  3. 2017.05.01

    さつま式矯正術の動画配信スタート

  4. 2017.04.24

    あなたの顔の筋肉の質は?チェック方法をご紹介

  5. 2017.02.13

    あなたのその座り方、顔の歪みの原因かも?!

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku