冷え体質はやせにくい

日常の服装では、モコモコに着込まなくても、温めるべき部分を冷えからガードして温かい血液を全身に循環させることが出来ます。その部分とは血流の多い横隔膜から下と膝上、それと二の腕です。 次のポイントはお腹と腰まわりです。腹筋と太ももで全身の筋肉の7割を占めるので、スパッツや腹巻などで温めることができると効果的です。 これからどんどん寒くなってくるので、冷え対策もしていきましょう。]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 舌(ベロ)の話…

  2. 寝返りと睡眠について

  3. 食いしばると頭痛の原因になる!?

  4. 新スタッフのご紹介

  5. 姿勢が良くなれば、○○が調子よくなる!?

  6. さつま沖縄研修旅行!!

  1. 2017.08.10

    アンチエイジングの顎位を作るために

  2. 2017.08.03

    美顔に見える基準

  3. 2017.08.02

    勉強会 2017.8.1

  4. 2017.08.02

    患者様がフィットネスコンテストのグランプリ受賞(地方予選…

  5. 2017.07.25

    わざと首にしわ作っていませんか?

  1. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  2. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

  3. 2017.05.01

    さつま式矯正術の動画配信スタート

  4. 2017.04.24

    あなたの顔の筋肉の質は?チェック方法をご紹介

  5. 2017.02.13

    あなたのその座り方、顔の歪みの原因かも?!

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku