歯と歯を日常生活でつけてませんか?

TCH(歯牙接触癖)

TCHとは、”Tooth Contacting Habit”(歯列接触癖)の略で、上下の歯を長時間 接触させている癖のことです。
通常、上下の歯が接触している時間というのは1日20分くらいです。(上下の歯は会話、食物の咀嚼、食物の嚥下という動作をするときに瞬間的に触るだけ)
何もしていない時は、上下の歯は2~3mm離れて隙間があります。

TCHにより噛みしめが起こると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増えます。考え事をしているとき、テレビを見ているときなどに上下の歯を触らせたままにしていませんか?たとえ強くかんでいなくとも、上下を軽く接触させただけで口を閉じる筋肉は働いてしまいます。

上下の歯が触れていると、口を閉じる筋肉が常にオンになって鍛え続けてしまいます。(例として口を閉じる筋肉の1つ咬筋を鍛え続けるとエラが張った顔になってきます)

また歯の接触時間が長時間になれば筋肉は疲労してきます。そのため朝起きたときに顎が疲れるとか、歯の違和感、口が開きにくくなるなどの症状が出たり、顎関節症になったりする場合もあります。
特徴として、ほほの内側の粘膜に、上下の歯の接触するところに合わせて白い線が見られたり、

 tayori_no351_img2-02

舌の側面に歯の痕がついたりもします。

teeth-printed001

1度自分でほほの内側と舌を鏡でチェックしてみてください。

近年は、歯ぎしりや食いしばりとは違う無意識のうちの上下の歯の軽い接触をしている人が急増しています。

なんとその数4人に1人だそうです。

あなたはどうでした?

解決策は当院でよく指導される魔法の言葉

「口は閉じて歯と歯は接触させない」ですよ。

 

]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. さつま式ミルキング強化中です!

  2. 美容と健康をデザインする、骨格矯正スタッフの募集再開となりま…

  3. 鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 奥野 哲也

  4. 第2回さつま書庫紹介♪

  5. タルミの理由

  6. 顎顔面矯正(クラニオフェイシャルデザイン®) とは?

  1. 2017.08.10

    アンチエイジングの顎位を作るために

  2. 2017.08.03

    美顔に見える基準

  3. 2017.08.02

    勉強会 2017.8.1

  4. 2017.08.02

    患者様がフィットネスコンテストのグランプリ受賞(地方予選…

  5. 2017.07.25

    わざと首にしわ作っていませんか?

  1. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  2. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

  3. 2017.05.01

    さつま式矯正術の動画配信スタート

  4. 2017.04.24

    あなたの顔の筋肉の質は?チェック方法をご紹介

  5. 2017.02.13

    あなたのその座り方、顔の歪みの原因かも?!

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku