気になる頬のボリューム。その訳は、、、

・大、小頬骨筋 頬から口に繋がっていて笑顔を作る(口角を上げる)時に使う筋肉で、衰えると下膨れになったりほうれい線ができます。 ・頬筋 上下の顎の関節から口の両端に向かって伸びていて、ろうそくの火を消すときやストローを吸うときに使う筋肉で、衰えると口元がたるんできます。   さつまではこれらの筋肉への筋トレ効果の高いお顔の体操をセルフケアでやってもらうようお願いしてます。 その名も「うーあーにー体操」!!! そのやり方は次回の入江のブログで書かせてもらいますね♪   ただ筋肉が衰えるだけがたるみの原因ではありません。 太り過ぎ(減量あるのみです。笑)やむくみ(アルコールや塩分の過剰摂取&運動不足)、固太り(食いしばり)や骨格のゆがみ(同じ姿勢や猫背)など日常の生活習慣でも変わってきます。 さつまでは、お悩み事にコースを組むのはもちろん!ご自身の癖や生活も一緒に見直しながら小顔に導いていきます! 矯正や電気療法をするだけでももちろん効果はあります。 ですが、少しでも早くみなさん小顔になりたいですよね。私たちも同じ気持ちでサポートさせてもらってます。 なので、二人三脚あるいはさつまスタッフと患者さんが一つのチームになって励むことが一番の近道です。 矯正や電気をかけたら終わり。ではなく、長い目で見て一緒に頑張らせて下さい。 さつまでは、そんなご自身の日々の意識の変化も感じられるようやらせていただいています。 皆様の来院お待ちしております!    ]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. クマ、できていませんか?

  2. 顎関節顔面頭蓋矯正での矯正効果 その2

  3. 冷え体質はやせにくい

  4. 飲み込みにくい?しゃべりにくい?

  5. タルミの理由

  6. 貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku