磨くべきは腸!腸内環境を整えるこそ美肌の近道!!

・あまり水を飲まない(1日あたりの水分摂取量が1リットル以下) ・生野菜や果物をあまり食べない ・運動はあまりしない(通勤時もあまり歩かない) ・朝食は食べないことが多い 以上のことは、悪玉菌を増やす原因になってしまうので極力避けてください!!       腸内環境を整えるとこんなメリットがあります! ・免疫力が高くなる 腸内環境が悪い時は、質の悪い血液が全身を巡るので体も疲れやすくだるい状態が続きます。 腸内環境を整える事によって質の良い血液が全身を巡るので、体の免疫力も高まり疲れにくい体を維持することができます。   ・美肌になる 腸内環境が悪い状態の時は肌細胞にも毒素が届くので、肌荒れや乾燥を引き起こします。 腸内環境が整うと質の良い血液が肌の細胞へも届くので、結果的に肌が荒れにくく潤いに満ちた状態をキープできます。   ・太りにくくなる 私達が食べたものの栄養素は、ほとんどが「腸」で吸収されます。腸内環境が悪い場合、本来は全身にまんべんなく届けられるはずの栄養素がすべて脂肪に流れてしまい、太りやすくなってしまうのです。 腸内環境が整えば、食べた栄養素は全身の細胞へと届くので皮下脂肪や内臓脂肪には溜まらなくなり自然と痩せ体質になります。   ・便秘が改善される 腸内環境が整うと、毒素はスムーズに排出されるので意識をしなくても自然と便秘は改善されます。 慢性的な便秘を下剤でなんとかしようとされる方もいますが、下剤は「強烈な刺激剤」なので体に負担をかけるためおすすめしません。     腸内の環境が整っていると細胞の隅々にまで質の良いきれいな血液を流すことができます。 美容面でも健康面でも大きな効果を発揮します!   今一度、ご自身の健康と美容のためにも、腸内環境を見直してみてください!!  ]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 【新スタッフ挨拶】初めまして丹下と申します。

  2. 秋の感謝祭!リニューアルキャンペーン第2弾

  3. ストレス溜めない、よく眠るためにできる3つのこと

  4. 初めまして木佐貫大地です。

  5. 抗酸化だけがアンチエイジングじゃない?!

  6. 二層の歪みをとる

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku