肩こりの原因

こんにちわ!
柔道整復師の山本です。

台風が来なくなったと思ったら一気に気温も下がり寒くなってきましたね!
秋から冬になるのは速そうです。

今日は現代病や職業病ともいわれる肩こりについてお話していきたいと思います。

 
普段仕事をしている時や日常生活の姿勢が悪くなってしまうと肩こりが起きやすくなるともいわれています。
人の頭も5~7kgあると言われていますがそれを細い首で支えており姿勢が悪くなってしますと首の頭の位置関係も悪くなるため余計に症状が出やすくなってしまうのです。

日本人は特に欧米人と比べると頭の大きさの割に首から肩の骨格がきしゃにできている為、肩こりが起きやすいと言われています。
そしてさつま骨格矯正ではくいしばりや歯ぎしりなども見させていただいている為、そっちの側面からも肩こりや頭痛などが出てくるということもわかっています。

 

くいしばりにも種類があり、歯を強くかみしめたりすることをクレンチング、歯ぎしりの様なことをグライディング、カチカチ歯を当てることをタッピングとも言います。
この3種類のくいしばりは夜間にも多いですが、日中も強く歯と歯同士を当ててしまって起こっているケースもあります!
最近では歯医者さんなどでも歯と歯を当てないでください、ベロを上にあげといてくださいとも言われているくらい注意を促しています。
やはりくいしばりをすることによって、肩、首回りや頭の側頭筋なども緊張が強くなってしまい。
肩こり、頭痛などの不調の原因にもなっています。

デスクワーク(PC)やスマホでの作業が増えてきている現代で頭をうつむきにさせて顎を引きすぎてしまうだけでも歯が当たってしまったりくいしばってしまい。
知らず知らずのうちに肩こりになっている人も多くはないと思います。

それなのでなるべくは意識できる所からの予防や改善をしていきましょう!!

ここからは肩こりの原因となる筋肉の説明をしていきます。

僧帽筋、頚板状筋、頭板状筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、棘上筋、菱形筋が首の後ろ側での関与が大きくはでてきます。
肩甲骨周りについている筋肉の血流が悪くなったり可動域が狭くなると肩こりとしての症状がでてくる恐れもあります。

予防法としては長時間の同じ姿勢を長く続けないことや入浴をしっかりとし温まること、ストレッチや運動を行うことです。
同じ姿勢での作業をする場合はこまめに首、肩の緊張をとる様に動かしたりしましょう!
その時に顎を引いてしまって歯と歯が当たってないかも注意点の1つです。

低血圧の方は肩こりや手足の冷え感などが多いとされていますが、高血圧の方にも肩こりなどの症状がみられたりもします。
動脈硬化かストレスで血管が収縮して血流が悪くなってしまうということも考えられるからです。

肩の筋肉は何層にもになっており表層ばかり柔らかくしようとしても中々肩こりがなくならなったりもします。
深層部の筋肉をしっかりとほぐすようにしてみると良いかもしれません。

 

 

関連記事

  1. 暑い夏に負けるな!!ダイエットに関わる基礎代謝について

  2. 気になる頬のボリューム。その訳は、、、

  3. なにもしない日を作ってみては?

  4. 口で呼吸していませんか?口呼吸の弊害と鼻呼吸の重要性について…

  5. ストレートネックについて

  6. さつま矯正お悩みベスト5

最近の記事

  1. 11/6 院内研修

    2019.11.9

おすすめ記事