自宅で出来るお茶健康法

ハーブは昔から医療目的やリラックス効果で使われていました。

今回は9種類のハーブティーについてどんな効果があるのか、紹介させていただきます。

1. グリーンティー

グリーンティーは風邪やインフルエンザの時に効果があります。 また、糖尿病、心循環系の発作にも大変効果がありますし、高い抗酸化作用があるので癌のリスクを減らしたり、コレステロールを下げたりもします。

2.カモミールティー

カモミールティーは風邪や月経痛を軽減し、夜、良く眠れるようになります。カフェインが含まれていないので、夜、寝る前に身体を暖める事にもオススメです。

3、ミントティー

ミントティーは胃痛、吐気、咳、口臭に効果があります。また、気管支炎を軽くする効果もあります。

4、レモングラスティー

レモングラスティーは抗菌性、抗炎症性の働きがあり、高血圧の様な循環器系や神経の興奮を抑え、消化を助ける働きがあります。

5、エキナセアティー

エキナセアティーは免疫力高める作用があるので、風邪を楽にします。 又、抗炎症作用が高く 傷の治りを早めます。

6、ウーロンティー

ウーロンティーは心臓病、糖尿病の人に効果があり、体重を減らす事も助けます。

7、ローズヒップティー

ローズヒップティーは免疫力を高め、ミネラルを含んでいるのでダイエットにも効果的です。 また、胃痛、下痢、 ビタミンCも含まれているので熱にも効果的です。

8、ブラックベリーティー

ブラックベリーティーもビタミンCを多く含んでいます。  炎症を抑える働きもあるので、喉が痛い時に飲むといいでしょう。 ただし、過度の摂取は肝障害を引き起こす危険性もあるので気をつけてください。

9、クローブティー

クローブティーには 抗真菌、抗ウィルス、抗炎症作用があり、抗酸化作用も強いです。 又、鼻の充血緩和作用つまり、鼻づまりにも効き目があります。

他にも健康に良い様々な作用があるので、ぜひ試してみて下さい。 しかし、気をつけていただきたいのは、なにかしらの持病をお持ちで体調を崩された場合は、かかりつけのお医者さまなどに相談してください。

]]>

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 冬のセルフケア第2弾 しょうが

  2. 正月太りを解消しましょう!!

  3. 新施術理論考察

  4. 顔は変わる(ボトックス記事)

  5. 柔道整復師 入江涼香

  6. 第1回 小顔美容について 矯正論

  1. 2017.09.19

    初めまして木佐貫 大地です。

  2. 2017.09.19

    秋の感謝祭!キャンペーンの残数

  3. 2017.09.14

    【継続会員様の向け】SNS投稿キャンペーン

  4. 2017.09.12

    はじめまして渡辺実三です。

  5. 2017.09.08

    秋の感謝祭!リニューアルキャンペーン第2弾

  1. 2017.09.02

    自然派ワインの夕べの動画レポート

  2. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  3. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  4. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

  5. 2017.05.01

    保護中: さつま式矯正術の動画3種同時配信

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku