顔のゆがみとは

 

顎咬合整骨矯正術

手技による矯正整復術にて、骨格や輪郭を整え、内側から輝く健康な身体づくりを信念とし、矯正専門としております。

ゆがみを放置しているのは、
「食べた後に歯磨きをしていないのと同じこと」

様々な症状を引き起こし、健康や美貌を損なう原因となります。正しく整えられた美しい骨格や輪郭は、回復力にあふれ、健康面にも最良の効果を発揮します。毎日少しのケアでゆがみは解消され、いくつになっても美しく健康的に過ごす事ができます。

体はひとつのユニットです。

わたしたちの体を包む筋膜は、まるで一枚のボディスーツのように包み込んでいます。顔のゆがみや、顎のずれは、 顔の表面の筋肉と、口の中にある様々な筋肉とのバランスが強く影響を与えています。また、このバランスが原因で、頚椎、胸椎、腰椎、骨盤にも、ゆがみを引き起こす事があります。

顔のゆがみが及ぼす影響力。

顎関節のゆがみは、骨盤のゆがみ等に比べてとりわけ放置されやすい部位です。その影響力は顔の輪郭、頚椎、胸椎、腰椎にまで及びます。 顔の輪郭を矯正する事において、顎関節を矯正する事は最も重要な部位であり、脊柱にまでその効果を発揮します。

最も重要な顎関節。

ほとんどのエラはりや、左右差のあるほうれい線は、あごのゆがみや、くいしばりが原因です。当院の矯正、ミルキングマッサージ、リハビリで綺麗に変化します。メスや注射は必要ありません。

キレイは毎日の積み重ね。

20代前半を過ぎると、体幹支持筋、骨格筋(インナーマッスル)が年1%落ちるといわれています。 矯正整復後に正しい姿勢を心がけ、1日20分程度の歩行や体操をすれば、 ジムなどで特別なトレーニングを受けなくても維持することができます。ストレスフルな現代社会においてゆがみや肩こり、疲労感等の不定愁訴は、身体から発信されているシグナルです。

健康小顔のススメ

シワやたるみ、歪みなど、気になる部位は、そのほとんどが手技での矯正が可能で、リハビリで回復し強化する事が出来ます。顔の表情をつくり、筋肉のはりや、 ゆるみのもととなる表情筋は筋肉であり、一生鍛え、育てることができる器官です。皮膚はその筋肉の影響を大きく受けます。すでに美容整形外科での施術を受けた方も、矯正や表情筋のリハビリで回復が可能です。問題を安易に解決、先送りしたり上塗りしたりせず、自分の自然の力で回復する強く健康的な美しさを目指しましょう。

 

健康小顔のススメ〜育てる美容~

目 次

  1. はじめに
  2. あなたのもつ本来の美しさを引き出します
  3. 畑を耕すように…
  4. 皮下をケアして再生と成長を促します
  5. 皮膚と筋肉の関係
  6. 悪い姿勢が顔に与える影響
 
はじめに

顔の筋肉には、動きやくせによる折り目が年月とともに蓄積されています。

これは時間の経過と言う意味では老化ですが、筋肉の質に関していうと、老化(aging)というよりは使用過多(using)によるものだということがわかりました。

▲目次へ戻る

 
あなたのもつ本来の美しさを引き出します

顔の筋肉を整えれば、 本来の美しさを、いくつになっても取り戻すことができるといえるのです。 それは接骨の施術の技術を応用することで気がついた理論であり、臨床結果のたまものです。

その人自身の筋肉や脂肪、軟部組織などを利用し、 整えることで元の環境に戻して、 その部位を修復し、いい状態に育てることができるとわかったのです。

▲目次へ戻る

 
畑を耕すように…

復元美容にとって、顔の皮膚を支える筋肉は、まるで土壌のような存在です。

顔の土壌、皮下の筋肉に、血行不良、使われ過ぎ、使われなさすぎによるよれ、 無駄な脂肪と発達しすぎた筋肉の凸凹という、土壌が荒れている状態が起こっています。

この状態は、畑の土壌でいえば、水はけが悪い、栄養が悪く、 耕されていないような状態にとても似ていると思います。 施術現場を通して、耕されていない状態が、 顔の皮下の筋肉の中でもおこっていることを痛烈に実感していました。

たとえば、日焼けで発生した皮膚表面を改善することを目的にするのではなく、 日焼けによって失われた肌の水分量の不足による肌のかさかさや、皮下のしょぼしょぼ、顔の元気さやハリなどは、なくさずにすむのに!と思います。

▲目次へ戻る

 
皮下をケアして再生と成長を促します

肌の表面に、化粧水や美容液、クリームなど、何をぬっても思った効果が得られないと感じることはよくあることです。 なぜなら、皮膚は筋肉を覆う皮だから。中身をなんとかしないと…。

老化して見える外見にとって、もっとも重要なのは、皮膚を支えている皮下をケアして、環境を整え、再生と成長を促してあげることです。

なぜ顔だけそういうことが起こりやすいかと言うと、 顔の表情筋が特別なつくりをしているからです。

筋肉が、皮膚にそれほど作用しない四肢(しし/両手と両足=手足)や 体幹(たいかん/体の軸となる部分=腹筋、背筋、胸筋、足の筋肉を含む胴体の部分)と違い、 顔の場合は、皮膚に直接筋肉が作用します。
▲目次へ戻る

 
皮膚と筋肉の関係

顔の表情筋は皮膚から筋肉までの距離が近く、手技で効果が引き出しやすい部位です。

これまでの経験により、皮膚の内側の筋肉と軟部組織の「よれ」を正し整えて、筋繊維を活性、成長させます。 やせた筋肉、くずれた軟骨組織、折り目がついたままの、使われてない筋肉組織などを正し、筋肉を活性化させます。 そこにコラーゲンや脂肪などが、美しいバランスでつくようにすることができることができます。

これにより、弱った部分は強く、緊張が強すぎる部分や折り目のついた部位を適正にもどして、 土壌のバランスを整えていきます。 筋肉は頭の先から足の先までスーツみたいにひとつの筋膜でつつまれているため、筋肉のよれ、顔の関節(とくにあご)の調整、骨と骨の結合部分である、縫合の調整、さらには、顔だけでなく、全身を整える事がベストといえます。

顔の筋肉に悪影響を与えている悪い姿勢まで矯正して、 もとに戻らないように復元します。
▲目次へ戻る

 
悪い姿勢が顔に与える影響

日頃の悪習慣や、悪い姿勢によって、筋肉がゆがむと、血管やリンパ管・神経を圧迫し、新陳代謝が悪くなり、老廃物がたまりやすくなります。 表情筋や咬筋の過剰な緊張や、無駄な成長は顔面部の脂肪が付きやすくなり、 むくみがでる、さらに、ニキビ・肌荒れ・しわ・たるみ・くすみ・くまなど、肌トラブルの原因にもなります。

顔の筋肉に悪影響を与えている悪い姿勢の矯正、セルフケアの指導、 食事や体操等で歪みの少ない、健康な状態へ 復元力あふれる身体作りが重要だと考えます。

当院で矯正整復の施術を受けると、 自宅に帰って、ゆがみの強い方ほど、泥のように眠りにつく方が数多くいらっしゃいます。

寝返りがスムーズにうてるので、寝ている間に背骨がリラックスし、 髄液や、リンパ液の循環がよくなり、 神経も充分な休息を得る事ができるようになるからだと考えられます。

▲目次へ戻る