貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

こんにちは、院長粟津です。
夏も終わり、いよいよ秋ですが花粉症の方は要注意の季節です!
しっかり対策をして、口呼吸にならないよう気をつけましょう。

顎関節症のさつま式施術法(アプローチ)


今回私が書く内容は顎関節症のさつま式施術法(アプローチ)について
ですが、そもそもなぜ顎関節症について書くのか?
それはお顔のゆがみは顎からきます!

この事は先週に奥野先生が当院の理念の[顎機能マニプレーション]書いてくれています。

顎関節症の分類

それでは本題ですが、顎関節症と言っても症状と原因によっていくつかに分類されています。(顎関節症学会より参照)

1) 顎関節症I型:咀嚼筋障害
咀嚼筋障害を主徴侯としたもの

2) 顎関節症II型:関節包・靱帯障害
円板後部組織・関節包・靱帯の慢性外傷性病変を主徴侯としたもの

3) 顎関節症III型:関節円板障害
関節円板の異常を主徴侯としたもの
a:復位を伴うもの
b:復位を伴わないもの

4) 顎関節症IV型:変形性関節症

5) 顎関節症V型:その他,I~IV型に該当しないもの

 

当院の保存療法とは

当院としてこれらにマニピレーション(手技)と電療と鍼とマウスピースによる保存療法です。
では当院のマニピレーションとは…上顎骨と顔面骨の中心となり、咀嚼筋も付着する蝶形骨の重要性を説きます。
なぜかというと下顎骨は上顎骨に合わせるように開閉口します。
噛み合わせから見ても、上顎(歯)が大きく(外方に向いていて)、下顎(歯)が小さく(内方に向いている)のが通常で、例えていうと上顎がガレージで下顎が車といったところでしょうか。
また、もちろん咀嚼筋の機能性や調和も重要です!
その中でもアプローチ部位として特に重要視しているのが、上顎骨と蝶形骨両者に付着する外側翼突筋です!!!

この筋は咀嚼筋(閉口筋)に分類されながら機能は逆の開口筋であり、顎関節症Ⅲ型の原因の関節円板に付着するインナーマッスルである事、最大ともいえる特徴は筋紡錘が少ないことです。
また二頭筋なので上頭と下頭に分かれ機能も少し違います。
故にこれら解剖学的知識と的確なアプローチが出来ないと効果が出ない所です。
これに対し当院は、エコー(超音波)検査のもと深さや正確な位置を把握した上での施術になります。

エコー検査

さらにエコー検査では筋以外の組織、主に下顎の位置と下顎骨頭の動きをオンタイムで把握でき、それに付随する関節円板と筋の調和をみることで
顎関節の下顎安静位(リラックス)や咬頭嵌合位(噛み合わせ)の状態や変化がわかります。
またエコー検査は画像診断(当院は経過観察)として非常に有効な手段として医学界では広く使われています。

全身(主に骨盤)から顎関節症へのアプローチについて

ここからは全身(主に骨盤)から顎関節症へのアプローチです。

~ゆがみ~

まず大前提として、人の体は必ずゆがむように出来ている事、またそのゆがみは身体全身を使って代償させます。
代償するのはもちろん関節です!(ここ以外可動性はないからです。) 1番下は足の先~1番上はそう、顎関節です!



では必然的に身体のゆがみがどこかしらにあれば一番上に位置する顎関節に代償は大きくのしかかります。
※ゆがみの理屈でよく使われるのは積木やジェンガです、下がズレる(歪めば)上に積むにつれてズレの補正をかけなければならないですよね…

 

~力学的~

人は重力に対し抗って生きなければならない。(アンチエイジング)
ですが大体その過程で歪み、痛みが出て、重力に負け、老いていきます…

力学的に見てみると下顎骨(顎関節)は支え(の骨)がなく、野ざらし状態なので重力に対し非常に弱い関節と言えます。(エイジング)

故に下顎骨(顎関節)単体での抗重力肢位(アンチエイジング)は難しく、関節(骨)や筋、筋膜、靭帯による機能的な支え(正しい姿勢)が重要であるといえます。

~生理学的~

まず、もともとの構造上顎関節症は女性の方が多いと言われます。
そして顎関節症の主訴の中でよく耳にするのが関節音、いわゆるクリック音(パキパキ、カクカク、ジャリジャリ)人と原因によって多岐にわたりますが、
関節円板がうまく機能していないことが多く、復位性と非復位性とがあり非復位性は非常に難治です。

この関節円板ですがオーバーユースや過度な負荷により摩耗し、最悪消失してしまいます。
そしてこれはまだ現代医学をもってしても歯と一緒で再生が出来きません。

また線維軟骨で出来ており、他にこの組織があるところは胸鎖関節、仙腸関節、椎間円板、関節半月、あと恥骨結合!
恥骨結合は女性の場合生理周期と産後にホルモンの関係上必ず緩くなります。

ですから、骨盤の矯正(骨盤を締める=恥骨結合を締める)をすることで顎関節(関節円板)にも影響がでることが考えられます!

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. STOP!詰める小顔矯正

  2. ご新規さま必見!さつま式を解説

  3. 【新スタッフ挨拶】はじめまして、加藤勇気です!

  4. 上下歯の接触と顎引き姿勢によるエラ張り

  5. 気になる頬のボリューム。その訳は、、、

  6. 悩みのタネはここにあり?まとめてお届け!

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku