頭のツボでスッキリ!

明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりましてありがとうございました。
本年もよろしくお願い致します。

お正月休みも終わり、仕事始めのこの時期、なかなか体が本調子にならないですよね~。
今日は、年頭でもありますので、笑、体のとっても大切な部分の頭の事をブログにさせて頂きます。

頭皮のチェック

ご自身で頭皮のコリやハリ、ムクミをチェックされていますか~?
私は、施術の時に、患者様の頭皮を触らせて頂く機会が多いので、とても気になる部分です。

頭皮の状態は人それぞれです。
また同じ患者様でも日によってかなり状態が違うので、体調バロメーターにもなります。

側頭部が硬ければ、食いしばりをしていたり、前頭部が硬ければ、寝不足や考え事が多いなどが考えられます。

硬い場合は、頭皮が収縮し頭蓋骨にはりついているのでシワやタルミの原因にもなります。

動きがないのは絶対ダメです。
むくみは、寝不足や疲労です。

頭痛や目の疲れで自然とこめかみの辺りに手がいっていたり、首肩こりで首の付け根や後頭部を押さえるとスッキリすることがあると思います。

それもそのはず、頭や顔にも、たーくさんの重要なツボが集中しています。

そもそも頭部は人間にとっての最重要な機関の脳が存在する部分です。
脳は生きていくために大切な生理的機能の調節を行っています。
頭皮が凝るとなぜいけないのかというと頭のツボには大脳神経組織の末端に達しているものもあったりします。

脳の血液循環が停滞すると自律神経失調症の原因にもなります。

まずはツボを刺激する前に、頭皮全体を指先や、グーにした手でゴリゴリ刺激を与えて、つっぱり感を取り除き、頭皮が緩んで動くようにしていきます。

それから押して痛気持ちいところをポイントで攻めて行きます。

頭のつぼ

 頭に関連する簡単に刺激をできるツボをいくつかご紹介します。

「百会(ひゃくえ)」と「上星(じょうせい)」と「承光(しょうこう)」のツボ

 
「風池(ふうち)」と「天柱(てんちゅう)」のツボ

 

ぜひ実際に刺激をしてみてくださいね。

スッキリすると思います! では、皆様にとって幸多き一年となりますように☆ 

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 美容とは…

  2. リフトアップアストロンのご紹介

  3. 風邪の予防のおさらい

  4. 不眠は太る!

  5. STOP!詰める小顔矯正

  6. 顎関節症はエラや歪みにつながる

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku