顔面矯正との併用でデザイン性を高めることが可能です