鍼治療の自律神経調節作用、抗ストレス作用、鎮痛作用

西洋医学の補完代替医療として「伝統医療」と呼ばれる医療があります。
鍼灸はその「伝統医療」に含まれます。

ここで鍼とは、文部科学省によると「一定の方式に従い、はりをもって身体表面の一定部位に、接触または穿刺、刺入し、生体に一定の機械的刺激を与え、それによっておこる効果的な生体反応を利用し、生体機能の変調を矯正し、保健及び疾病の予防または治療に広く応用する施術」と定義されています。

このような鍼を皮膚から刺し入れ、その下の筋肉の層まで刺し込む鍼治療の手順は、皮膚および筋肉内の受容器から求心性の(末梢から中枢へ向かう)感覚神経を刺激していると考えられます。

感覚刺激に反応する脊髄から中枢神経に向かう経路は、主に「脊髄視床路」という脊髄から発している感覚伝導路で構成されています。

痛覚、触覚、振動覚等の受容器から感覚神経に伝わる刺激は、この「脊髄視床路」を経由して視床に伝導され、さらに大脳の知覚中枢に送られます。

加えて「脊髄視床路」は途中で(a)「延髄」、(b)「中脳水道周囲灰白質」、(c)「視床下部」などにも分枝を投射して、これらと連絡しています。

このような感覚刺激の伝わる神経経路を基点にして、鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用を考えていきます。

FCF189BF-8DB2-4E44-B3B2-CA3F6B50DED1-1536x851.jpeg

【鍼治療の自律神経調節作用】

図の(a)「延髄」にある細胞群「孤束核(NTS)」は、循環器系、呼吸器系、胃腸系から送られてくる求心性内臓情報を中枢に伝える中継の働きをします。
そして最近の研究では皮膚からの知覚を受け取り中継していることもわかってきました。

この「孤束核」は、内臓機能の調節に大きな役割を果たしている迷走神経(副交感神経の1つ)の起源である「迷走神経背側核(DMV)」に隣接しており、一方で、脳幹にある交感神経の起源である「延髄吻側腹外側野(RVLM)」にも投射して繋がっています。

この孤束核が鍼刺激によってひとたび興奮すると、延髄にある「迷走神経背側核」「延髄吻側腹外側野」の自律神経(副交感神経と交感神経)機能が変化を受けます。これが自律神経調整の働きにつながっていると考えられます。

 

【鍼治療の抗ストレス作用】

例えばラットの身体を拘束しストレスを与えると、胃運動は低下し、反対に大腸運動が増加します。このとき足の三里(膝の下にあるツボ)に鍼刺激をすると、低下した胃運動や増加した大腸運動が正常に戻っていきます。

犬に大音量の雑音を聞かせるストレス(音響ストレス)を与えると、胃の空腹期の収縮運動が完全に停止してしまいますが、これも足の三里に鍼刺激をすると、音響ストレスによる障害がなくなり、収縮運動が回復します。

足の三里に鍼刺激をすることで、ラットの場合も犬の場合も、高まっていた交感神経活動が低下し、低下していた副交感神経活動が高まります。これは、鍼刺激が副交感神経を興奮させ、ストレスに曝されていても交感神経の緊張を抑制して、損なわれていた胃腸運動を回復させることを示しています。

さらに図の(c)「視床下部」から放出される「オキシトシン」は、「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRF)」の発現を阻止することで抗ストレス効果を発揮します。

この副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRF)は心身のストレス反応に密接に関係しています。

ストレスを受けるとCRFは脳下垂体より「副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)」の放出を促し、ACTHは血流に乗って、腎臓の上に存在する副腎に働きかけ、コルチゾールの産生を促します。

もっとも、コルチゾールはストレスを感じたときにだけ分泌されるホルモンではありません。身体の機能を程よく保つために、不可欠な存在なのです。

コルチゾールは主に、体内の脂質やたんぱく質をエネルギーに変えることや、血圧を高めることを促します。

他にも、コルチゾールは体内の免疫機能を緩和して炎症を抑える働きがあることから、消炎剤の成分として使われることもあります。

このように、コルチゾールは基本的には身体のバランスを整える働きをしており、それ自体は体に悪影響を及ぼすものではなく、体に必要な存在なのです。

従って、ストレス反応では、消化機能や免疫力などを犠牲に一時的に体の活動力を限界まで高めていると考えることができます。体には強い負荷がかかっていますから、ストレス過剰の状態が続けば、疲弊した体は力を出せなくなってしまいます。

本来ならば身体の正常な機能を保つ働きをするコルチゾールですが、過剰なストレスなどで分泌バランスが崩れると、身体に様々な悪影響をもたらすことになってしまうのです。

その一つが、心疾患や脳梗塞のリスク増加です。ストレスを受け続けると体内では、ストレスに対処するエネルギーを得るためコルチゾールの分泌が増えてしまいます。これにより心臓が活発に動くことで血圧が上がります。このような状況が続くと、心疾患や脳梗塞の危険が高まることになるのです。

また、感染症へかかりやすくなるというリスクも増えます。コルチゾールによって免疫機能が緩和されたままになると、それだけウイルスや細菌に感染しやすくなり、風邪をひきやすくなったり、インフルエンザにかかりやすくなることに繋がってしまうからです。

鍼治療の抗ストレス効果は、鍼が視床下部を刺激して、オキシトシンの分泌が促され、それによって調整されているものと考えられます。

慢性ストレス負荷後の鍼治療では、視床下部でオキシトシン産生が増え、CRFが減るのが確認されています。その結果、慢性ストレスに曝されていても、内臓の機能異常がが緩和されていきます。

 

【足三里にみられる鎮静効果】

痛みを和らげる効果(鎮痛効果)には、オピオイド(モルヒネに類似した鎮痛作用のある物質)を放出する神経細胞の働きが重要です。

脊髄から脳へ伝えられる「痛み」の情報は、延髄のレベルで図の(c)「中脳水道周囲灰白質(PAG)」のオピオイド受容体が活性化すると抑制を受けます。これを「オピオイドの下降性疼痛抑制系(脳から脊髄を下行し、痛覚情報の伝達を抑制する系。)」と呼んでいます。

特に鍼治療による鎮痛効果は、鍼の刺激を受けて起こる内因性のオピオイドによって調節されていることが以前から確認されています。

直腸の伸展による激しい痛みが、足三里(下肢)への電気鍼治療で減弱することは犬の実験で確認されていますが、オピオイド受容体の働きを抑える「ナロキソン」を実験の前にあらかじめ投与しておくと電気鍼の鎮痛効果が消失します。

このことは、足三里への電気鍼治療で内臓痛が減弱するのは、中枢のオピオイド神経が働くことを意味しています。

関連記事

  1. 自粛中の在宅ワークで姿勢悪くなってないですか?

  2. 二層の歪みをとる

  3. さつまでの顎関節症の治療

  4. 顎位と顔の歪みの物理

  5. 心と身体を、整える(自己啓発・才能の開花)

  6. 顎関節症とめまい、耳鳴りの症状

おすすめ記事

最近の記事