かくれ脱水にご注意を!

こんにちは!柔整師の入江です!暖冬だと思いきや急に真冬到来、、、しかも乾燥もすごいですね(T_T)

冬は特にこの「かくれ脱水」と呼ばれる状態が起こりやすいです、、、
体内の水分が少ない状態だと、血液が濃くなり、いわゆる「ドロドロ血液」の状態に。
また、水分が少ないので巡りも悪くなり、老廃物が排出されずむくみがちに。むくみは本当に辛いですよね、、、

血行が悪くなり手足の末端に血液が巡らず、冷えを感じたり肌に透明感がなくなる原因にも、、、
外気が乾燥すると、知らない間にカラダから水分が失われやすくなります。

それは不感蒸泄が増えるからです。
不感蒸泄とは、皮膚、粘膜、呼気などから意識しないうちに失っている水分のことです。
気候が乾燥すると、皮膚、粘膜、呼気のいずれからも失われる水分が増えます。
夏の脱水の多くは発汗が原因となります。

発汗は意識しやすいのに不感蒸泄は意識しにくいので、冬は脱水に対する警戒感が下がっています。
冬は夏のように喉の渇きに鈍くなってしまうので、夏よりも水分補給の意識が下がってしまいます。
そうすることで、「かくれ脱水」が起こってしまうのです。

かくれ脱水の症状としては次のものがあげられます。

・肌の乾燥
・口の中の粘り
・体がだるい
・めまいがする

当てはまった方もいるのでは⁈

かくれ脱水を防ぐためのポイントとしては、喉が乾く前に水分補給をするということです!
喉が渇いたな〜と思った時にはそれはもう脱水気味です。
時間を決めて、十分な水分を摂ることは肌の乾燥を防ぐことにも繋がります。
お茶やコーヒーでも構いませんが、カフェインが入っているので利尿作用が働いてしまいます。

そうすると、せっかく摂取した水分が吸収される前に出ていってしまうのです。
なので、やはり1番はお水です!
さつまでもお水は最低1リットルは飲むよう皆様にも常々お願いしてます。

冬場の水分補給も乾燥を防ぐために欠かせないのです!!!

また、最近の住宅は気密性の高い住宅が増えてきています。

暖気能力としては優れていますが、外気よりも室内の方が乾燥しているので、外の空気が入ってこないことでより潤いがなくなってしまうのです。

なので、加湿器は欠かせません!!結露を嫌わずがんがんたいてください!そうすることで外から入ってきた菌なども減っていきます。

 

ボディクリームを塗っても粉をふいてしまうほどかさつきが見られる原因は水分不足や湿度不足からもきています。

潤いゲットで身体の中も外も健康で美しく!!!

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい

関連記事

  1. ご新規さま必見!さつま式を解説

  2. 美容とは…

  3. 顎関節症とめまい、耳鳴りの症状

  4. インディバ講習会行ってきました♪

  5. 自律神経の乱れと食いしばりの関係

  6. 鼻呼吸で小顔に!?

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    【さつまCM】ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。…

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku