血管、大丈夫ですか?

こんにちわ、さつまスタッフの加藤です。

最近は天候もわるく、気温もすっかり下がって、寒いのが苦手な方は辛いですよね、、、寒さが続く時、やはり大事なのが体温調節です!!寒さが及ぼす身体への影響とは、健康にも、美容にも様々な変化を及ぼします。

今回のブログでは、どのような身体の変化があるか書こうと思います。

寒さが及ぼす身体の変化

重要!!「血行不良」

自論ではありますが、やはり寒さが及ぼす影響で1番重要なのは、この血行不良だと思います。

血行不良には大きく分けて動脈による血行障害と、静脈による還流障害があります。

血行障害

まずは動脈による血行障害の影響についてです。

動脈の役割は、酸素を全身に供給したり、熱を運んだりします。

寒さでなぜ、血行が悪くなるのか…それは自律神経の乱れによるものです。

これは還流障害でも同じですが、自律神経(交感神経)は運動、感動、血圧の低下、ストレス、そして寒さで興奮して作用を発揮します。

自律神経の作用として

  • 胃腸の活動を抑える
  • 心拍数の増加
  • 心臓の収縮力の増大

そして血管収縮!!!!

血管が収縮してしまう理由としては、赤血球による熱の運搬を抑制し、体内から熱を逃げるのを防ごうとするからです。

しかし、同時に

全身への酸素の運搬低下、血圧の上昇、体に不必要な老廃物の排泄もできにくくなります。

 

これらによって起こり得る疾患として、

  • 動脈硬化による
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全などが助長され、肩・首のコリ

も寒さによってなりやすくなると言われます。

酸素の運搬が低下すると、酸素を栄養とする免疫細胞が働きにくくなり、免疫力が低下もします。この時期だとインフルエンザも怖いですよね。冬はとくに乾燥しやすいため、インフルエンザウィルスが活発に活動しやすくもなります。

 

還流障害

続いて還流障害が及ぼす影響についてです。

還流障害でもっとも有名なのが「むくみ」です。

代表的なものとして、ふくらはぎ(下腿)のむくみで説明します。

静脈の働きは全身の血液を集めるという役割があり、この血液は体に必要な酸素を供給し終わり、二酸化炭素を集め、心臓に運んできます。

この静脈による還流障害が起こると、心臓まで運んでこれない、下腿でうっ滞する形になります。そうするとやはり血液が溜まった状態、「むくみ」となるのです。

 

対処方法のブログ紹介

では、どうすればいいのか??
過去に挙げているブログにも、いくつか対応方法が載っているので紹介します。

こちらが風邪の予防、免疫についてです。食生活なども書いてあります。

 

以下二つは、自律神経の乱れについです。

これらのブログでは、食いばりの原因や対処法も書いてあります。
ぜひ読んでみてください

 

 

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい

関連記事

  1. かくれ脱水にご注意を!

  2. 顎を引くのはもう古い?

  3. 口腔内から診るあなたの癖と健康状態

  4. 慢性痛と顎

  5. さつま矯正お悩みベスト5

  6. なんだか口が開けづらい!なぜ!?

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    【さつまCM】ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。…

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku