検査、計測へのこだわり

顔は定規やメジャーでは正確な計測は出来ません。当院の矯正法は、ゆがみのある方は整顔され立体的(3D)な小顔になります。良くなった、上がっただけでなく、形が どのように、どうなったか、どうするか?を科学的に検証しリモデリングをシュミレーションします。

顔面頭蓋3Dスキャニング

医療用の3Dスキャナを使い歪みを3次元的に
検証してデザイン性、整顔性を追求していきます。
ビフォーアフターも科学的に検証できることが特徴と言えます。


女性の顔面部軟組織のデータ集積風景


男性の顔面頭蓋3D


日本人女性/顔面頭蓋3Dスキャニング

セファロスタンドでの写真撮影(顔のゆがみ検査)

歯科矯正でも使用されるセファロスタンドにて頭部と耳を固定した位置で正面の顔、横顔を二次元的に分析します。
※頭部と耳を固定することで角度と距離の基準が決まります、歪み検査は頭部と耳を固定して撮影することから始まります。

顎の超音波(エコー)検査:この段階で顎関節症が強い場合、超音波を見ながら関節を調整します。

顔のゆがみ検査(セファロスタンドでの写真撮影)顔のゆがみ かたちの分析

患者さんの気になる歪みは、顔面部の軟組織(最表層の部分)です。安易に美容外科で骨を削った為に、たるんで醜くなった、想像と違ったなど、良い結果ばかりとは言えません。まず骨ではなく軟組織(表側の外形)がどのように歪んでいるか?どうしたら審美的なのか?美の基準を見ながら歪みを確認することが必要です

さつま骨格矯正鍼灸整骨院は開業16年となります。これほど多くの女性誌、メディアに紹介される整骨院も珍しいと思います。これも歪みにこだわり続けた結果と患者様の声だと信じ、安心、安全な、さつま式矯正術を進化させていきます

顔のかたちは、顎関節から顔面頭蓋、背骨を同時矯正することで変わります

様々なゆがみ、かたちに対応する骨格矯正(マニプレーション)

SMS&超音波発生装置(SMAS筋膜3Dデザイン)

整顔整骨されたポジションで特殊周波数を流すことで顔面部のSMAS筋膜をデザインすることが可能となります。
整骨矯正術と同時におこなうことで力を発揮する矯正機器を紹介します。当院に来られた方は聞き馴染みがある3Dと言う略語。これは、このマシンを使用することを意味します。


整顔整骨されたSMAS筋膜に特殊周波数を流すことで顔面部をデザインすることが可能となります。

パーカッションハンマー(筋膜矯正器)


>>より詳しいパーカッションハンマーについて

メディセル:日本製の筋膜リリースマシン

トムソンカイロベッド(後頭骨、脊椎、仙骨矯正用ベッド)

インディバ

当院のスタッフは全員インディバトレーナーのライセンスを取得しております

>>より詳しいインディバについて

歪みのセルフケア

さつま総院長の著書・講談社

美と健康に敏感な女性誌に頻繁に取り上げられる、さつま式歪みセルフケア


顔面整骨マウスピース


顎から全身を同時矯正したポジションでマウスピースをつくります。

顎関節のズレは顔、頭蓋、背骨、骨盤の歪みに直接連動しています。全てがニュートラルかつ完全に整った位置で顔面整骨用のマウスピースをつくり就寝前、就寝時に10分以上装着していただくことでデザインを進め安定化させることが可能となります。(1日最低10分以上、就寝中につけて下さい)

顔面整骨サポーター


顔面整骨サポーター(マウスピースと同時に就寝時、就寝前につけて下さい)