小顔について…

皆さんこんにちは、院長の粟津です。今回私が書く内容は小顔について…

小顔

つい先日問題になったこのテーマ!本当のところどうなのか?

現在の理論と説明のつくところをご紹介いたしましょう。

まず小顔の定義ですが

①そもそものお顔(頭蓋骨)が小さい。

②フェイスラインがシャープ

③脂肪やむくみ、たるみが少なく、スッキリしている。

詳しくみてみましょう。

①そもそものお顔(頭蓋骨)が小さい。

①は質量の問題ですので、いかな小顔矯正、小顔効果があっても変化はありません。頭蓋骨には脳や血管、神経が入っているのでそこも一緒に小さくならねばならないので理論的にありえません。

※手技でしかも一回でとの意味合いであり、脳や血管の萎縮や細くなる場合はまた別の話です。

②フェイスラインがシャープ

②は下顎骨の形状と咬筋(エラ張り筋)の質量で決まります。

下顎の形状とは、(エラ)の角度と向きです。

角度は平均120°といわれ、90°に近ければ近いほどエラ張りに見え、数値が増えればシャープ(面長)に見えます。

よほどでない限り、通常120°+-10°位の範囲です。

また外に張り出した下顎角もエラ張りに見える原因です。

③脂肪やむくみ、たるみが少なく、スッキリしている。

③は脂肪燃焼や血流、排液促進と引き締め作用により起こります。その日に感じられる、起きる変化は主にこの部分です。

最後に付け加えると頭蓋骨は動きません!

少しのたわみやズレは㎛(マイクロメートル)位では存在します、ですが見た目を変えるほどの可動はありません。

顔面で動く(関節)はたった一つ、顎関節のみ!!!

当院はそこのコントロールと表情筋や神経の活性をし、骨代謝と共にお顔を変化させます♪

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 顎関節症はエラや歪みにつながる

  2. 顎関節顔面頭蓋矯正での矯正効果 その2

  3. 【継続会員様の向け】SNS投稿キャンペーン

  4. 満員御礼!舌トレ&ワインのイベントレポート

  5. 小顔矯正効果について

  6. 理解と対策で高湿度からくる不調とおさらば

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku