理解と対策で高湿度からくる不調とおさらば

こんにちは!柔道整復師の入江です♪♪日本独特の梅雨の季節。ジメジメしていてイヤですよね、、、

お天気が悪いとなんだか気分が上がらずやる気も起きないですよね。

でもそれには訳があった!?理解することで対策もしやすくなるのでご紹介します!

理解と対策で高湿度からくる不調

人間の体内では、外部環境に左右されず内部の環境を一定に維持しようとする機能が備わっているため、天気の変化に合わせて、内部環境を一定に保とうと必死に頑張るのです。このような内部維持機能のことを「ホメオスタシス」と呼び、「自律神経」などがその役割を担っています。

でも、あまりに外部環境の変化が急激であったり、体調を崩していたりすると、気象の変化に体がついていけず、体調に異常をきたしたり、病気を発症してしまうのです。

また、気圧の低下によって、むくんで膨張した組織に神経がふれることで神経痛の原因になったり、手足の血行が悪くなる一方、脳の血流が増えるために、頭痛を引き起こすこともあります。

梅雨の時期に頭痛がする人(低気圧性頭痛)は、気圧などの変化に敏感で、体が気象の変化に反応している証拠なのです。

やたらとだるさを感じたりするのには気分の問題だけではないんです。

不調とおさらば!やってみよう!!

この時期に不調を感じる方もそうでない方も以下をトライしてみてください。

その1. しっかりと入浴

自律神経を整え、セロトニン(リラックス物質)を分泌してくれるのでストレスの軽減にも繋がります。また、寝る前に入浴することで睡眠の質も上がります!温泉もいいですよ!

その2. むくみ対策

気圧の変化により起こるむくみは体内での水分の滞留が原因です。まずは溜め込まない事です。塩分(ナトリウム)を控え、生野菜特にレタス(カリウム)と多く摂取することを意識してみてください!

インナーケアです。

その3. ストレッチやマッサージ

単純に血行が良くなってくれるので効果がすぐに出てくれます。また、アロマオイル等を使うとリラックス効果もプラスされるのでなおgoodです!

 

その4. 体を冷やさない

湿度が高いと体感温度が高く感じるのでつい冷房の温度を下げたくなりがちです。それよりも、除湿をしっかりとしてあげてください!

2016年も半分終わり、7月に突入。梅雨が明けたらすぐ夏です!コンディションばっちりで迎えましょう♪♪

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 美容とは…

  2. 美容鍼&顔の矯正を組み合わせたコースが誕生しました!

  3. 咀嚼での消費カロリー

  4. 足底は身体の○%で支えている

  5. 都内某所で雑誌撮影!!

  6. 磨くべきは腸!腸内環境を整えるこそ美肌の近道!!

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku