【左右差】【全身頭蓋矯正】モニター高梨さま (28歳男性)(10回目終了)

【左右差】【全身頭蓋矯正コース】モニター高梨さま(28歳男性)
<施術コース>
全身頭蓋矯正コース
3か月10回施術
<主なお悩み> 
お悩みは左右差(目、口角、フェイスライン)と肩の高さと内巻き、姿勢

受けられた施術メニューご紹介はこちら↓
全身頭蓋小顔矯正

★検査時 2019年10月8日
  

   
          

既往:切歯の歯列矯正。抜歯はなし。

【口腔内所見】
咬合様式: 
アングル:左右ほぼ1級
骨隆起:
歯列弓:U字型
頬粘膜の圧痕:

【正面顔貌傾向】
目:右落ち
口角:右落ち
咬筋量:右深部△、左浅部△
開口:顎関節右シフト
舌:沈下

【側貌傾向】               
タイプ:ほぼストレートタイプ              
下顎角:左117°、右115°               
FH平面–下顎下縁平面角:左25°、右23°   
Eライン:上下唇ほぼ良好    
顔面角:左89°、右89°
Nアングル:左101°、右102°           

【頭蓋的様式】              
側頭骨乳様突起:左BS、右FS↓    
乳様突起スペース:左右狭小     
胸鎖乳突筋:右+

【骨盤様式】          
落ち:左落ち
フレア:右インフレア、左アウトフレア
尾骨:
仙腸関節:右やや開排、左狭小

【骨盤習癖】     
脚組:         
    

【日常生活の癖】
噛み癖:右
筋トレ:週4程度

★初回施術後 2019年10月18日

担当:粟津

右側の全体的な上がり方は良好で、一回でこの変化は及第点です。
アプローチは骨盤で言えば、右腸骨の外旋(BsUP)と左腸骨の内旋(FsDOWN)をドロップベットとブロックを駆使しつつ誘導
また頭蓋部はそれと連動させ、右側頭骨のBsUPと左側頭骨のFsの誘導をこちらもドロップベットを使用。
その後右舌骨上筋群をミルキングにてほぐしながら上げていき、同様に筋膜剥がし(メディセル)でもアプローチ。
最後に3D筋膜デザインでも同様に右を上げるようにと、首肩をしっかりかけました。
もう少し右の口角を上げながらフェイスラインをシャープにしていくのが今後の課題です。

★4回目施術後 2019年11月20日

担当:粟津

姿勢の改善も見られ始めました、あえて何も言わずに撮ってこの結果。
理想とする180°までに下半身と頭部の前傾にまだ課題は残るものの上々の数値です。
お顔は首の癖がなかなか安定しないので左右差も同じく安定しずらく毎回成果に苦労します。
それでも整顔は高まってきてはいるのでこの調子で安定させていければと思います。

★8回目施術後 2019年12月23日

担当:粟津
コース:総合矯正

口角や目のバランスはかなり整ってきました、あとは右側のボリューム感がまだあるので抑えていきます。
前回より総合矯正で口内法を使用しているので非常に経過は良好です。

★10回目施術後 2020年1月28日

担当:粟津
コース:総合矯正

当初より全体的にかなり整顔されました、しかし前回から2週間ほど空いたせいか頚の癖が出て補正仕切れなかったところが心残りです。
しかし今後も継続してご通院いただけるとのことでしたのでさらに変化と安定を目指していきます。

関連記事

  1. 症例研究カテゴリー別

  2. 【面長】モニターM.Kさま(31歳女性)

  3. 【左右差】モニター哘さま(39歳女性)

  4. 【左右差】モニター亀甲さま (28歳女性)

  5. 【左右差】モニターE.Kさま(35歳 女性)施術経過(1〜5…

  6. 【左右差】モニター今関さま(22歳女性)(10回終了)

最近の記事

  1. 2/12 院内研修

    2020.02.13

  2. 2/5 院内研修

    2020.02.7

おすすめ記事