たった3つ覚えるだけ!風邪予防にもなる姿勢矯正体操

b119d831c81667161211445bd91dfea0_sこんにちは!柔道整復師の入江です。
風邪予防にもなるお身体の姿勢矯正体操についてご紹介します。

当院で受けた矯正力を高めるため維持するためにやって頂きたい体操を3つピックアップ!
もちろん矯正を受けてない方でも姿勢矯正におすすめです。そして、とても簡単です。

①骨盤体操

骨盤のインナーマッスル(腸腰筋)や骨盤底筋(膀胱、子宮、直腸を支えている)を鍛える作用があるので、骨盤の広がりをおさえ、おなかやせに効いてくびれを作りやすくしてくれます。また、ヒップアップにもききます。

やり方

仰向けに寝て、足を真っ直ぐのばした状態でおしりの穴をキュッと中央にしめ、お腹をへこませたまま骨盤をゆっくり上げて下してを繰り返します。

スクリーンショット 2017-02-07 9.10.04

②あし上げ体操

内ももに大きく存在している内転筋群にとても効いてくれるので、してくれます。

やり方

仰向けに寝て、脚を交差させた状態で、上に置いている方の脚をゆっくりと上げて下げます。5回くらい行ったら反対の脚も同様にやっていきます。

スクリーンショット 2017-02-07 9.10.11

上記の体操の二つとも正しい姿勢をとるのに欠かせない筋肉へのアプローチになるので、姿勢矯正はもちろんお顔のリフトアップにも繋がってきます。

寝る前や寝起きにお布団でやるだけなので、5分もあればどちらもできてしまいます♪
※これらの体操は妊婦さんや腰に痛みが強い方は控えるようお願いします。

来院時に状態に応じて、適切なストレッチや体操を指導させて頂きます。

そもそも骨盤(コツバン)と言いますが、なぜ大事なのか?

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ役割をしてくれており、内蔵器を保護して支えてくれています。また、歩行時着席時にバランスを取ってくれていて、歩行時には着地の際の衝撃を腰に負担がかかり過ぎないように負担を減らしてくれています。

腰痛や肩凝りをお身体の不調の主訴としてさつまにいらっしゃる患者様も少なくないですが、原因筋のリリースだけではなく骨盤矯正をすることで不調や姿勢が改善されたと言っていただけることが大変多いです。

肩凝り改善に効果抜群の背筋体操

現代病の如く、肩甲骨の内旋癖が強い方(巻き肩)が大変多いです。原因はスマホやPCの使い過ぎetc、、、

胸郭も狭くなるので、呼吸も浅くなり肩甲骨周りの筋肉は引っ張られ、大胸筋や斜角筋などのお胸周りの筋肉は詰まってきます。そうなってくると、肩凝りだけでなく肩の可動域も狭くなり、ひどい場合だと斜角筋隙(鎖骨上)を通る腕神経叢という神経の束が圧迫をうけ、腕のシビレ等も発生しかねません。

それでは、肩こり改善に効く背筋体操のやり方をご紹介します。

やり方

顎を上げながら、利き手で利き手じゃない方の手首をつかみながら肘と膝をしっかり伸ばしながら胸をはってまずは20秒!
慣れてきたらお時間どんどん伸ばしてあげてくださいね♪ お仕事中疲れた時にストレッチ感覚で伸ばしてあげるのもgood!5744bfc2e4a6def75fb34a2ee5ba5060ご紹介させてもらった体操はどれも当院のゆがみケア本「顔面筋革命」に掲載されていますので、お持ちの方は合わせてそちらも見ながらやってみてくださいね。

]]>

Comments are closed.