舌の正しい位置

こんにちは、渋谷本院副院長の粟津です。

今回は舌の顔面骨や噛み合わせ、呼吸への影響について紹介したいと思います。

舌の正しい位置

まず、舌の正しい位置ですが…

上顎の窪みとアーチに沿い(スポットポジション)、そっとおいて置くのが正解です。

yjimage

もし舌の位置が下顎にあれば、舌圧(舌筋の緊張)が高くなり後ろに引っこみ、気道を圧迫することによる顔面の血流不良(クマ)や呼吸が浅くなっていき、睡眠も浅くなり、徐々に自律神経は乱れます。

果ては脳梗塞や心疾患も引き起こすとも言われています。

さらに舌筋の緊張は顎関節を下方への引っ張り(下顎の落ち)を引き起こし、それに伴い他の顔面骨も落ちていき、表情筋のタルミ、顎関節のズレにもつながります。

更に下顎骨を舌で前方に押してしまうと下顎前突(受け口)へと、噛み合わせや骨の形状も変化していきます。

ただし、上顎にあったとしても舌で上顎を押してしまうと今度は逆に上顎の前突(所謂出っ歯)を引き起こします。

両者とも特に成長期では骨の成長(リモデリング)も盛んな為、特に重要です。

成人でも骨のリモデリングは3か月で約7%~8%、6か月で約15%、1年で約30%、3年で約100%の骨が新しく生まれ変わります。(リモデリングされる)

これら顔面骨に多大な影響を与える為、当院では舌の体操や姿勢の指導、口腔内からの施術でアプローチをしています。

その他に、歯列矯正からのアプローチをされている方もいらっしゃいます。

現在、さつま総院長が歯学部に通われていますので、そう遠くないいつの日か、

歯列矯正+徒手矯正による世界一の顔面骨矯正を目指しスタッフ一同、知識、技術の向上に日々励んでいます。

さつま総院長の初の書籍「顔面筋革命」全国書店にて発売中

たるむ、大きくなる、しわになる、頬がこける……顔の老化は”ゆがみ”が原因だった!
”ゆがみとりの達人”で、モデル・女優の駆け込み施術院・総院長が提唱するセルフケアメソッドが初の書籍化。
今までの美容の常識をくつがえす「逆マッサージ」や、舌を動かして顔の筋肉を整える「舌トレ」など、ゆがみをとるセルフケア術が満載!
誰でも簡単にできるケアで、若々しい小顔に変われます。

さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

関連記事

  1. 舌を見てみよう

  2. あなたの顔の筋肉の質は?チェック方法をご紹介

  3. 顎を引くのはもう古い?

  4. クマ、できていませんか?

  5. うーあーにー体操

  6. 初めまして木佐貫大地です。

  1. 2017.11.07

    貴女は大丈夫?女性の約7割は顎関節症

  2. 2017.11.07

    美顔に見える基準

  3. 2017.09.01

    ゆがみを整えて、切らずに卵型の小顔美人へ。

  4. 2017.07.09

    saita[咲いた]に特集されました!

  5. 2017.05.22

    ご新規さま必見!さつま式を解説

アーカイブ

顔のゆがみ、諦める前にまずはご相談下さい。

topTEL_286_52

shibuya_webyoyaku