二層の歪みをとる

こんにちは、鍼灸師の奥野です。

本日は、二層の歪みについてみていきましょう。

二層の歪みについて

頭蓋と身体の歪みには、深い部分と浅い部分に二層の歪みがあります。

  • 深い部分→フレーム・骨格の代償作用による歪み。
  • 浅い部分→筋・筋膜の代償作用や癒着による歪み。

従って、歪みを取るためにはこれら二層の歪みを考える必要があるのです。

頭蓋部だと、顎関節と舌が一番動きます。特に顎関節は動きが大きく、歪みがあると身体に対しても歪みの代償が大きく出てしまいます。

この顎関節の動きや顎位が、顔のたるみや歪みにも影響していきます。

そして、顎関節の動きや顎位は舌根の影響を受けます。

舌根の沈下→顎位が下がり、広頚筋筋膜などが癒着し、たるみやシワに繋がります。顎顔面や口腔内の筋膜が癒着したところにお肉が乗るので、たるみやシワが出来てしまいます。

そこで顎位や顎軌道などのフレームを整えるだけでなく、口腔内や顎顔面の筋の筋膜の癒着を剥いで癒着を取り除く必要があります。
顎関節の動きと顔の筋筋膜の動きで顔が変わるのです。

そもそもなぜ舌根が下がるか?

姿勢が悪くなることによる表層筋膜ラインの癒着で、舌筋筋膜の属する姿勢維持に関わる深層筋膜ライン(ディープフロントライン)の機能が低下して舌根が下がってしまいます。
筋膜も層になっているので、表層の筋膜の癒着でフレームに当たる深層の筋膜に負担がかかります。

そこでスーパーフィシャルバックラインやスパイラルラインなどの表層の筋膜ラインの癒着を剥がし動きを出す必要があります。特にスパイラルラインの癒着は身体の左右差にもつながってしまいます。
従って、姿勢を良くさせるために、まず表層筋膜ラインの癒着を剥いで貼り直す必要があるのです。

一般的な「前かがみ」になった人‥頭が前に出て、胸が下がり、背中が丸まっているような場合。体重の7分の1の重さのある頭部は、背中の一部の筋によってさらに前に倒れないようにしなければならなくなります。

すると、筋膜は筋に合わせてその長さを変化させ、その変化を持続します。筋膜は早く伸ばすと裂けてしまいますが、伸張が緩やかだと筋膜は可塑的に変形し、さらにそのまま癒着します。従って、そのような癒着を剥ぎ、「本来の」自然な姿勢で身体を支持するように再配列しなおさなければならないのです。

さつま式歪みの取り方

このように顎位、舌の位置、舌根、顎の開口、噛み合わせなどの深層のフレームからの歪みを矯正してから、表層の筋膜の癒着を剥がして誘導して引き締めることで外と内の歪みを取っていくのがさつま式です。

 

 

0 Responses

  1. […] まずさつま式では顔面骨の中で可動性を持つのは下顎骨(顎関節)のみと言い切ります!※ただしオステオパシーのような一次呼吸(たわみ、㎛程度の動き)はあるのではと捉えています。 いずれにせよ下顎骨以外に見た目を変えるような可動は間違いなくございません。 ですのでさつまは下顎骨(顎関節)を診ているのです! では実際になぜ変わるのか?その使用頻度と出力(パワー)に起因するものと考えています。 ・使用頻度…引きこもってない限り1日千回~数千回使います。(関節の中で一番動かす) ・出力(咬合力)…最大で自重の1.5~2倍、咀嚼時でご自身の体重位かかります。 このパワーベクトルがどう向いているか、顔面骨にどう影響しているか? を考えコントロールしお顔の形を誘導、変化させて左右差や小顔効果をだしています。 ここで出てくる形の変化ですが、医学的なエビデンスがあります。 それを骨のリモデリングといって、お肌でいうターンオーバーと同じで組織の新生(代謝)を指します。 100%代謝するのに約3年かかります、歯列矯正もおおよそこのくらい期間をかけるのはこういった裏打ちがあるからです。 さつまではしっかりとした変化と安定にはまず3か月間12回~6回の通院をお願いしております。筋トレやダイエットと考え方は同じで期間と回数、日々のケア、努力により成果は得られます。ですので1回で劇的な変化(㎝単位)や半永久的な持続もありえません。 また、もう一つ重要な事として骨のサイズダウンはほぼしません!※厚みの増減はその範囲に含まない。 お顔の中でサイズダウンするものは、 脂肪!水分量(むくみ)!筋肉(主に咬筋)! ここまでの内容は骨(顎関節)のお話でしたが、お顔を作っているのは何も骨だけではない! 軟部組織(主に筋肉や皮膚)も重要です、実際に顔面骨だけ見て男女差、年齢、顔貌の判断は困難です。また骨の形を変えているのは我々の1回1回の手技ではなく、顎関節と筋肉です。1回の手技で骨の形を変えたというなら、それは我々接骨(医療)業界では骨折と呼びます。 つまりさつま式は深層の骨(顎関節)と表層の筋(咀嚼筋、表情筋、舌骨筋、舌筋)の二層のゆがみをとるやり方です。詳しくは以前奥野先生が書いてくれています→二層の歪みをとる この二つの歪みをとるのが顎顔面咬合整骨(骨)+3D筋膜デザイン(筋)の合わせたメニュー! また安定維持にはマウスピースも必須です、初回はお得になっていますので是非顔とあごのゆがみ特化セットをお選びください。 皆様のご予約、ご来院お待ちしております。 […]