さつま式矯正とは

顎関節顔面筋膜のゆがみとそれらを支配する神経の調和とり、顎関節のパワーベクトル(噛み合わせ)のコントロールと
機能的活性を促して顔面のリモデリングと形を誘導します。
ですから切ったり張ったり、注射をうつ美容外科や頭蓋骨を詰める、動かす、小さくを謳う小顔矯正とは全く違うアプローチで副作用もありません。
当院の検査はセファロスタンドを使った国内唯一の鍼灸整骨院で、未だ医学的エビデンスのない顔の矯正を追求する医療国家資格者が行います。
また患者様ご自身での維持と健康増進を図って頂く為、患者様管理セルフケアを取り入れております。

顎関節

 
人体の中で最も動かす関節で、1日数千回です。また最大出力として自重の1.5倍~2倍でます。
また顔面骨の中で唯一の関節(可動性)であるが故に顔面への影響が一番大きい関節。

顔面筋膜(SMAS筋膜)



筋肉(膜)は唯一、一生鍛え続ける事が出来る組織で、顔面筋膜は筋肥大はしないものの、活性療法により必ず若返ります。
また筋膜は全身つながっており、いくつかのラインに分けられお顔に関与するものも存在します。(スーパーフィシャルバックライン、ディープフロントライン)

神経

 
あらゆる組織は神経の支配をうけますが、特に重要なのは中枢神経(脳・脊髄)です。
顔面部は全てこの脳神経の支配になり、中には副交感性のものが存在し(Ⅲ,Ⅶ,Ⅸ,Ⅹ)身体の回復力や内臓にも影響し、美容と健康には欠かせない副産物をもたらします。

噛み合わせ

   
顎関節の矯正とは主にこのことを指し、ここの前後左右のずれがお顔の方向性を決めます。
当院は調整法として全身性を謳い、足~頚部の連動性(代償作用)を考慮し噛み合わせを調整します。けっして歯列や、歯の調整や影響を与える矯正法ではございません。

骨リモデリング


骨代謝(骨のターンオバー)のことで、骨も常に破骨細胞によって壊され骨芽細胞によって再生されています。
約3年ですべて入れ替わると言われ、歯列矯正はこの医学的エビデンスの裏打ちの下の期間設定と成果が出ているのです。
※お肌のターンオバーは約1か月 筋肉のターンオバーは約3ヵ月

セファロスタンド検査


この検査器具は通常歯科医師が頭部レントゲンを撮る際に使用します。
当院はこちらで主に顎位と軟部組織のゆがみをみていきます。
頭頚部固定、距離や倍率を一定に設定し撮影出来る為、再現性と審美性が増します。

患者様管理


当院ではその場限りの効果や対応だけでなく、経過観察とアフターケアをさせていただいております。(LINE@)
患者様ご自身で翌日やその後の経過写真を送って頂いたり、お困りの事があった場合の直接やり取りできる環境もご用意いたしております。

セルフケア

当院はセルフケアの重要性を謳っております。施術だけをしてもそれは施術者側の自己満足のみに終始してしまうのと、
何より絶対にまた歪んでしまうからです。
わたくし達は出来る限りご自身で維持しつつ、より変化と通院頻度を減らして頂きたく思っています。
その為の姿勢、マウスピース、体操、各個人の悪癖を惜しみなくお教えし、実践して頂く為に勉強と熱意をお伝えしております。