4/17 院内研修

今回も営業終了後に院内で研修を行いました。
今回の研修の内容は、3Dスキャンを使ってナチュラルヘッドポイント(歯科で使われる顔面計測ポイント)を計測し、そこから顔の分析をかけていくという内容でした。

今回のお弁当担当は、山本先生です。
今回は釜寅にしました。
研修では、いつもお弁当で温かいご飯を食べなかったので釜飯がとても美味しく感じました。
美味しさに感動し、もっと雰囲気をだそうと食べている時は和食料亭風の音楽をYoutubeで流し釜飯を食べました 笑

ご飯を食べ終わったら研修のスタートです。
今回は、モニターさんの3Dスキャンデータを用いて進めていきます。
決まっているポイントをとり、平面も引きます。
たくさんのポイントをとることによってよりしっかりとした分析を可能にします。


また、当院の3Dスキャンのビフォーアフターの分析力は最上級です。
セファロスタンドを用いて、3Dスキャンを撮ります。
イヤーロットで回旋を防ぎ確実に同じ正面像を撮ることができます。
また、後頭骨の外後頭隆起でも固定することにより頸椎の前、後屈を抑え毎回同じ姿勢で撮ることができます。

当院は、一人一人にあった施術を行います。
お顔のことで気になることがある場合、一度検査と相談でご来院ください。

関連記事

  1. 7/10 院内研修

  2. 12/14 定例セミナー

  3. 6/26 院内研修

  4. 1/30 院内症例研究会

  5. 9/5 スタッフ実技テスト実施

  6. 2/27 院内研修

最近の記事

  1. 11/6 院内研修

    2019.11.9

おすすめ記事