さつま骨格矯正のメリット、デメリット

こんにちは!柔道整復師 岡野です。
暑かったり、寒かったりで寒暖差の激しい日が続いてます。

体調はいかがですか?自己管理をし体調崩さないように。

では、ここから、本日のblog

さつま骨格矯正のメリット、デメリット

何事にも、メリットがあれば、デメリットも存在します。なので、良いところを伸ばして行きながら、いかにデメリットを減らせるかが肝となるところ。そんな所を赤裸々に、お話したいと思います。

メリット、デメリットをザックリ話していても、対象となるものが無ければ、良いのかわからないと思いますので、最近流行りの美容外科を対にお話いたします。

当院と美容外科との大きな違い

切るか 切らないか。
注射を打つか、注射を打たないか。

1番の違いはここかと思います。

「整形は抵抗あるなぁ~、けど、可愛くなりたい!」
と言う方には、当院をオススメ。

切らないですし、注射も打ちません。

基本的には、手技療法と理学療法を用いての施術になります。

当院のメリット

なので、ダウンタイムがない事。
ここが当院のメリット。

整形では、切って 注射してと、身体への負担が大きい物となります。なので、少なからずとも、ダウンタイムが見られます。ダウンタイムと言っても長い物で約1ヶ月、短いのもだと、2~3日程度の腫れになります。ダウンタイムが終われば完成です。

当院のデメリット

逆に当院は、ダウンタイムがない代わりに、3ヶ月~半年のご通院をお願いしています。

安全だからこそ、少し時間がかかってしまいます。

骨の代謝 筋の代謝にて変化を出して行きます。

このお話はこちら過去ブログから
http://yugamilabo.jp/remodeling/

次に

美容外科では、大きく変わる。
さつま骨格矯正は、小さく変わる。

変わる変化量の違いです。

これもメリットでありデメリット。

当院のメリット&デメリット

自分が思うに、美容外科は、別人になれるもの。
当院は、ご自身本来の美しさを引き出すもの。

別人にはなりたくないが、小顔になりたい。
整形する程ではないけど、歪みを整えたい。
これが大きな違いかと思われます。

さらに言うと、美容外科はパーツで施術を行います。
目なら目。
鼻なら鼻。
パーツごとで施術を行うのでお顔全体のバランスが崩れて行き、整形を辞められないと言うことになります。

当院はお顔のバランス、整顔率を見て施術を行います。

さらに、お顔だけの施術だけでなく、全身性でのフィーリングを合わせて、行います。

関連記事

  1. 手っ取り早く綺麗になる方法。

  2. 顔の左右差?あなたの利き顔の見分け方

  3. 【顎関節の構成について】顔の矯正を維持する施術は?

  4. お顔の変化と期間のお話

  5. MISS UNIVERSE JAPAN 日本大会に向けて!

  6. 歯科機能矯正セミナー 

おすすめ記事

最近の記事