Before・After一覧

Before・After 一覧

歪み小顔矯正 回数:1回目

担当:表参道 青山院 永濱副院長
主訴:エラ・くいしばり
術後:エラ張り感やフェイスラインはかなりスッキリ。
目の大きさまで変化が見られた。
また、頭頸部の位置も理想の位置へ近づいた。
今後のプラン:くいしばりや姿勢など、日常生活でも気をつけて頂く。
また、身体の矯正やポジショナーを用いて全身から顔を整える。

担当:表参道青山院 奥野院長
主訴:フェイスラインの左右差・くいしばり
術後:咬筋のリリースとリコイルで頬骨の抑制。
下顎牽引で顔の立体感を出しました。フェイスラインに合わせたところでポジショナーを作成。
今後のプラン:継続する場合、斜頸もあるので全身から矯正して、ポジショナーでキープするともっとバランスが良くなる。

担当:表参道青山院 奥野院長
主訴
面長・フェイスラインと口角の左右差・くいしばり
術後:左咬筋のリリース、右頬の奥行きを作り、フェイスラインのバランスを合わせた。
表情筋の動きを出して口角を上がりやすくした。下顎牽引で下顎の後方回転で面長を抑制。
今後のプラン:継続して矯正していく場合には、骨盤矯正で脊椎の湾曲を作り、ポジショナーを調整して面長をもっと抑制する。

@担当:両院兼任 古川先生
主訴:顎の歪み・顎関節症
術後左目、右眉の高さが上がった。開口も2段階でしていたものが1段階になった。
今後のプラン:全体的に詰まる印象があるので、左頬骨を前にもっていきつつ、右の咬合平面をあげていき歪みを整えていく。

担当:両院兼任 古川先生
主訴:口角の左右差・顎関節症
術後:右頬骨を前方に移動し、左の咬合平面が少し上がった。
今後のプラン:笑顔を作った時の上がり方に左右差が見られるため、電気刺激を入れ筋肉の状態を良くしつつ、引き続きポジショナーで顎の位置を調整し、歪みを整えていく。
担当:渋谷本院 長田先生
主訴:右目・右口角の落ち、エラ、右斜頸、ほうれい線
術後:右目・右口角は全体的にリフトアップ出来たが、顎のシフト感だけ少し残ってしまった。
今後のプラン:次回は、今回できなかった骨盤矯正を行い、ご自身の最も気になる両肩の高さにもアプローチ予定。
ポジショナーの指導も促しつつ、姿勢全般の指導も徹底。

担当:渋谷本院 山本院長
主訴:右目、右口角、くいしばり、開口左シフト
術後:左に開口する癖がなくなり真っ直ぐに開けられるようになったため
機能的に良くなっていた
右目の落ち感が上がってきており、顎の開口での左右差が原因で
目や口角の落ちが顕著に出ていたと考えられました。
今後のプラン:まずは開口を安定させられるように開口の癖づけをしていくところが重要なので、優先的にシフト感をなくしていきます。
シフト感をなくすためには左の咀嚼筋群の緊張をとり、左右のバランスをよくする必要もあり、くいしばりの緩和のため、姿勢も同時進行で整えていき、普段の私生活でもセルフケアを実践して頂く。
そこまでの状態まで持っていき、審美性を高めるために目や口角の左右差を整えていく。

担当:渋谷本院 長田先生
主訴:右のフェイスラインの歪み、エラ
術後:左目の落ち感は解消されたものの、右のフェイスラインは大きな変化なし。
顎関節の機能的な面では、開口右クリックなどが解消。
今後のプラン:全体的な顔の左右差は整ってきたので、ポジショナーでしっかり固定してもらいつつ、右エラの除去のために、くいしばりを抑制させるべく、パルス顎関節鍼を行い、その後はハイフや3Dでフェイスライン全体を引き締める。

担当:渋谷本院 山本院長
主訴:右のエラ張り、顔が横に引っ張られてる感じ
右口角の下り、動きにくさ、くいしばり、開口右シフト
術後:開口の右シフトが改善し、機能的な面は解消した。
右の咬筋が発達しており、目・眉・フェイスラインの左右差が大きく出ていた。
右目の落ち感や口角を気にしていたので初回はその部分を中心に施術を行い、フェイスラインから頬にかけて、リフトアップや
目の高さ・口角の変化があった。
今後のプラン:姿勢も猫背と骨盤の歪みが強かったので、身体の方から整えていき、顎引きやくいしばりを抑制。
さらに、開口の左右差を改善し、右の咬筋のボリュームを抑えていくことによって顔の全体的な左右差を整えていきます。

担当渋谷本院 山本院長
主訴:頬、エラ、左目の落ち感
術後:左目の二重幅が少し広くなり、フェイスラインがスッキリしました。
開口自体がやや左シフトでしたが、機能的に改善もみられました。
くいしばりも強く、咀嚼筋の緊張を緩和したら中顔面にも張り感がしっかりと出てくれました。
今後のプラン:咬筋の緊張やくいしばりが強いのと、姿勢も前傾+巻き肩だったので、骨盤の矯正をしながら顎引やくいしばり等を減らして、咀嚼筋や顎に負担をかけすぎないようにしていきたい。
また、筋肉のストレスを取ったのち、顔の左右差に着手していく方向で施術を進めていきます。

担当:渋谷本院 さおり先生
主訴:左右差(目の大きさ・フェイスライン)
術後:2段階だった開口が真っ直ぐ開きようになり機能的に改善し、口角の位置が揃った。
今後のプラン:骨盤の歪みが強くみられたので、骨盤から改善していく。開口が定着するように咀嚼筋の負担を減らしていけるようにしていく。

担当:渋谷本院 山本院長
主訴:フェイスラインのもたつき、エラ張り
術後:全体的に左側の落ち感は少し改善され、写真では見えづらいもののフェイスラインや顎下などはスッキリした印象へ。
今後のプラン:まずは初回にできなかった骨盤矯正を行い斜頸による頸肩部への影響を改善させる。エラ・フェイスラインに関しては、小顔3Dデザイン等を使いながら引き締めを意識してく施術をしていく。

担当:渋谷本院 長田先生
主訴:右エラの張り、左右差(フェイスライン)
術後:エラの張り・フェイスラインの左右差という観点だけで見ると変化は乏しいが、開口の安定・右顎関節のクリック音の減少・咬筋の張り感除去といった機能的な面で著しい効果を発揮した。
今後のプラン:咬筋の張り感はある程度改善が見られたので、右エラの除去のためにくいしばりを抑制させるべく、パルス顎関節鍼を行い、左のフェイスラインとのバランスを見ながらマニピュレーションしていく。

担当:両院兼任 古川先生
主訴:エラの骨(顎角)の高さ、たるみ
術後:左の顎角が上がり、バランスが良くなった。全体的に引き締まり縦幅が短くなった。
今後のプラン:頭が右に傾きやすく、下顎の位置がズレやすいため、身体のバランスを整え、首の位置の安定を図る。普段の食べ方なども片方に寄りやすいので改善し、両方均等を目指す。

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:頬の高さの違い、フェイスライン
術後:口角の高さが上がり、頬骨の奥行きが出てきた。目の高さはズレが生じたが、筋肉の緊張が取れた為と考える。
これを今後の改善点として施術を進めて参ります。
今後のプラン:側湾からの影響も出ているので、しかいは骨軟矯正をしてアプローチをかけていく。
頬骨・上顎・回旋も反転させるように施術をしていく予定。

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:フェイスライン、口角の左右差
術後:横に広がった印象だったが、立体感が出てまとまった印象になった。全体的に引き締まってフェイスラインがしっかりと出ました。更に、開口も真っ直ぐになりました。
今後のプラン:咬筋の張り感は改善されたが、くいしばりの癖があるので、セルフケアを指導。骨盤の様子を見ながら施術を行っていく。

担当渋谷本院 岡野副院長
主訴:左右差、目の高さ、くいしばり
術後:左の深部咬筋のストレスが強く、その影響でSSも狭め。乳突筋への影響も見られた。
深部咬筋のリリースで左目は上がってきたが、立位ではまだ左右差があるので骨盤の歪みも見られると思われる。
今後のプラン:くいしばりがかなり強いので、咬合させないような姿勢を作り、土台となる骨盤も次回はしっかり矯正してアプローチをかけていく。

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:フェイスラインの左右差、右咬筋の痛み
術後:咬筋の痛みは軽減。くいしばりと顎を引く癖がとても酷いため、セルフケアも指導。
今後のプラン:咬筋の痛みは軽減されたが、右咬筋の張りが強いためパルス鍼などでくいしばりを一度リセットしたい。

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:エラ、フェイスラインの左右差
術後:全体的にリフトアップし、目の高さが揃った。表情筋の硬さが取れ、柔らかい印象に。
今後のプラン:3Dリフトで引き続き表情筋の柔らかさを出していく。右咬筋の筋代謝と共にボリュームを落としていきたい。

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:くいしばり、左目の落ち、左口角の落ち
術後:左目・左口角が上がってきて、左右均等に近づきました。
全体的な幅も抑えられ立体的な印象に。
今後のプラン:大開口時にブレが生じるので、控えるように指導し、くいしばりも引き続き気をつけるようにお願いしました。
脊柱の回旋がみられ、そこからの影響も考えられるので次回は骨盤からアプローチしていく予定です。

歪み小顔矯正+ハイフ 回数:1回目

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:面長、左右差
術後:縦・横に広がった印象だったが、立体感が出て面長な印象が抑えられた。
目・口角の左右差も軽減した。
今後のプラン:若干側湾が見られるため、骨盤からの影響も考えられる。そのため、次回は骨盤矯正もしていきたい。
また、くいしばりが強いので普段から意識してもらうように指導を行った。

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:エラの張り・痛み
術後:咀嚼筋のストレスが取れ、痛みが楽になった。全体的にリフトアップし、主訴のエラも少し軽減した。
目の開きも良くなっている。
今後のプラン:咬筋の張りが強く、ボリュームが大きいため理学療法を用いて筋緊張を取っていく。

担当渋谷本院 山本院長
主訴:左右差、面長、たるみ、クリック音など
術後:開口が右から左へ弧を描くタイプで左のクリック音がすごく鳴っていました。その原因もあり、たるみやほうれい線、顔全体の面長感が出てしまっていました。
術後の開口はほぼ真っ直ぐになり、クリック音も改善。ご本人も違和感がなくなったとご実感。
ハイフの方で組織全体を引き上げ、リフトアップしました。顎周り・フェイスライン周りにしっかりと輪郭が出た感じがあります。
今後のプラン:前傾姿勢で骨盤の歪みも強いため、身体から整えて開口の安定性をつけていき、顔の咀嚼筋の緊張を取りながらフェイスラインのたるみ感を取り、リフトアップを目指します。
それと同時に、顔全体の左右差を取り、整顔していく予定です。

担当渋谷本院 山本院長
主訴:フェイスライン、エラ、くいしばり
術後:術後は開口も機能的に真っ直ぐになり、右目の開き感や高さは上がっていました。
ご本人も目の開き感や咬筋の左右の柔らかさを実感されており、その後hのハイフでもフェイスラインや顎下周りがしっかりとリフトアップした感じになりました。
今後のプラン:開口の機能性の癖づけをしっかりとして噛み癖の偏りをまずはなくしていきます。
その後、目や眉の左右差を取っていくようにして施術を行います。
骨盤の歪みや姿勢の歪みが強いので、そこのしっかりアプローチしていく。

渋谷本院で「歪み小顔矯正+ハイフ」を予約 

表参道 青山院で「歪み小顔矯正+ハイフ」を予約 

歪み小顔矯正+骨盤矯正 回数:1回目

担当渋谷本院 さおり先生
主訴:顎の歪み、面長
術後:2段階に開口していたがスムーズになり、目の高さが上がってきた。
全体的なリフトアップ、口角の高さも少し改善された。
今後のプラン:身体の歪みが強いため、骨盤からの影響も考えられる。また、くいしばりによる咬筋の疼痛も見られたため、姿勢やくいしばりの意識を改善していく。

担当渋谷本院 山本院長
主訴:フェイスライン、左右差
術後:開口は機能的に改善傾向にあり、フェイスラインを出していくように咀嚼筋・表情筋の緊張をほぐしていった。
まぶたの開き感も良くなり、フェイスラインもしっかり出てきました。
今後のプラン:ご本人が1番気にしているフェイスラインの左右差を改善していくためにも、開口の左右差をしっかりと改善しなければならないと考えています。
その後、目や眉の高さや全体的なバランスを取り、整った顔立ちに仕上げていきたい。
今回は全身の歪みからアプローチしていきましたが、施術の段階を踏んで顔の特化メニューも行い、経過を見ていきます。

渋谷本院で「歪み小顔矯正+骨盤矯正」を予約 

表参道 青山院で「歪み小顔矯正+骨盤矯正」を予約 

総合歪み小顔矯正


回数:月2回・期間:約1年

回数:10回・期間:6ヶ月


回数:10回・期間:6ヶ月

回数:10回・期間:6ヶ月


回数:10回・期間:6ヶ月

回数:12回・期間:6ヶ月


回数:12回・期間:6ヶ月


回数:6回・期間:3ヶ月


回数:6回・期間:3ヶ月


参照元:からだによいこと さつま式の特集 掲載ページより


回数:16回・期間:2ヶ月


回数:月2回・期間:約1年


参照元:からだによいこと さつま式の特集 掲載ページより

歪み小顔矯正+ハイフ 回数:1回

※ハイフは「未成年・基礎疾患をお持ちの方・ご妊娠中の方(可能性を含む)」はお受け頂けません。
ご了承ください。

渋谷本院で「歪み小顔矯正+ハイフ」を予約 

表参道青山院で「歪み小顔矯正+ハイフ」を予約 

関連記事

  1. 美尻になるには

  2. 足底は身体の○%で支えている

  3. 遺伝子スイッチについて

  4. 広尾中学校の生徒さんからお手紙いただきました!

  5. New治療器「パーカッションハンマー」

  6. MFT(口腔筋機能療法) ~セミナーレポート~

おすすめ記事

最近の記事