血管、大丈夫ですか?

こんにちわ、さつまスタッフの加藤です。

最近は天候もわるく、気温もすっかり下がって、寒いのが苦手な方は辛いですよね、、、寒さが続く時、やはり大事なのが体温調節です!!寒さが及ぼす身体への影響とは、健康にも、美容にも様々な変化を及ぼします。

今回のブログでは、どのような身体の変化があるか書こうと思います。

寒さが及ぼす身体の変化

重要!!「血行不良」

自論ではありますが、やはり寒さが及ぼす影響で1番重要なのは、この血行不良だと思います。

血行不良には大きく分けて動脈による血行障害と、静脈による還流障害があります。

血行障害

まずは動脈による血行障害の影響についてです。

動脈の役割は、酸素を全身に供給したり、熱を運んだりします。

寒さでなぜ、血行が悪くなるのか…それは自律神経の乱れによるものです。

これは還流障害でも同じですが、自律神経(交感神経)は運動、感動、血圧の低下、ストレス、そして寒さで興奮して作用を発揮します。

自律神経の作用として

  • 胃腸の活動を抑える
  • 心拍数の増加
  • 心臓の収縮力の増大

そして血管収縮!!!!

血管が収縮してしまう理由としては、赤血球による熱の運搬を抑制し、体内から熱を逃げるのを防ごうとするからです。

しかし、同時に

全身への酸素の運搬低下、血圧の上昇、体に不必要な老廃物の排泄もできにくくなります。

 

これらによって起こり得る疾患として、

  • 動脈硬化による
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全などが助長され、肩・首のコリ

も寒さによってなりやすくなると言われます。

酸素の運搬が低下すると、酸素を栄養とする免疫細胞が働きにくくなり、免疫力が低下もします。この時期だとインフルエンザも怖いですよね。冬はとくに乾燥しやすいため、インフルエンザウィルスが活発に活動しやすくもなります。

 

還流障害

続いて還流障害が及ぼす影響についてです。

還流障害でもっとも有名なのが「むくみ」です。

代表的なものとして、ふくらはぎ(下腿)のむくみで説明します。

静脈の働きは全身の血液を集めるという役割があり、この血液は体に必要な酸素を供給し終わり、二酸化炭素を集め、心臓に運んできます。

この静脈による還流障害が起こると、心臓まで運んでこれない、下腿でうっ滞する形になります。そうするとやはり血液が溜まった状態、「むくみ」となるのです。

 

関連記事

  1. フェイシャルリフトアップ~たるみ改善

  2. 姿勢美人って? あなたは今、どんな姿勢をしていますか??

  3. 口で呼吸していませんか?口呼吸の弊害と鼻呼吸の重要性について…

  4. 【スマホ首】ストレートネックとは

  5. 理解と対策で高湿度からくる不調とおさらば

  6. どこ見て歩く??良い姿勢と悪い姿勢について

最近の記事

  1. 8/21 院内研修

    2019.08.22

おすすめ記事