11月6日 院内研修

研修内容    

1.中川先生の3D実技テスト

2.井上先生の口内法実技テスト①

3.工藤先生のHIFU実技テスト

研修風景

まず初めに中川先生の3Dテストです。
3DはEMS法という電気療法を用いて施術していきます。
EMS法とは電気療法の一つで低中高周波を全て均等に混ぜているものを使って治療しています。
なぜ全ての周波数を混ぜているものを使うのかというと高周波だけとか低周波だけと一つに絞って電気を流すと体はその電気刺激に慣れてしまいます。
刺激に慣れてしまいますと本来目的としているリフトアップ効果、普段使われていない筋肉に対しての筋の再教育、たるみ予防といった効果が出にくくなってしまいますので当院ではEMS法を用いています。

続いて井上先生の口内法のテストです。
今回テストした口内法は咀嚼筋の一つである咬筋という筋肉に対して口の中からアプローチしていく手技です。
咬筋について軽くご説明させて頂きます。
咬筋は頬骨弓から咬筋粗面にかけて付いている筋肉で食べ物を噛んだり下顎骨を挙上させる筋肉です。
食いしばりが酷いと筋肉が硬くなってしまいエラ張り状態になると顔が横に大きく見えたり顎関節症の原因にもなります。
口腔内からだと口腔外よりしっかりと咬筋にアプローチすることができます。
当院の術者は口腔外、口腔内どちらからでもアプローチできる様に毎週厳しいテスト、日々練習に精進しております。

最後に工藤先生HIFU実技テストです。
当院ではHIFUも必ず実技テスト、練習を日々しております。
国家資格を所有していてもHIFUは患者様のお身体に熱照射していくので日々の勉強、毎週あるテストに合格しなければ一人前にはなれません。
HIFUは当ててて良い場所、ダメな場所それにハイフした日お酒を飲んではいけないなど注意する事もたくさんありますので勉強が欠かせない施術の一つです。
SMAS筋膜という表情筋の筋膜、脂肪層にアプローチする事でたるみ、ほうれい線、シワが少なくなりリフトアップ、小顔にかなり効果があるのでしっかりテストしております。

当院ではこのような研修を定期的に行っております。
お顔の歪み、身体の歪みなど
気になることがございましたら、是非当院にお越しください!
皆様のご来院心よりお待ちしております。

 

 

 

関連記事

  1. 6月5日 総院長研修

  2. 12/21 定例セミナー

  3. 5月1日 院内研修

  4. 8/17 さつま総院長の定例セミナー開講

  5. モニター様 経過報告2回目

  6. 7/24 院内研修

おすすめ記事

最近の記事