小顔ベストポジショナー®︎のススメ

◆さつまの歪み小顔矯正

さつまのお顔の矯正は、正確な検査分析に基づき、1回の矯正での効果だけでなく継続矯正をする事で歪みを骨から変えるものです。お顔を一生の宝物に出来る健康的で体に負担のない矯正術です。

◆お顔の歪みは身体から矯正すると効果が高い

顔の矯正では顔と身体の筋肉と骨格のゆがみを正して、今あるパーツを理想の配置になるように誘導していきます。

顔を変えたいからといって、お顔だけの矯正では不十分です。顔のゆがみは身体のゆがみから来ていることが多いのです。

姿勢が悪くなるとあごの位置も変わります。悪いあごの位置での歯のかみ合わせや食いしばりで、顔のゆがみが進んでしまいます。顔と身体の矯正までする事で、より高い効果が出るのです。

◆継続矯正のおすすめ

人間には恒常性と言われるそれまでの一定の状態を維持しようという作用もあるため、矯正によって効果が出ても最初は戻ってしまいやすいです。1回の矯正だけでなく、継続矯正することで効果が安定するのです。また矯正した正しい位置を筋肉や骨が記憶できるよう、毎日、ほんの少しのセルフケアをする必要があります。

◆「小顔ベストポジショナー®」でセルフケア!

さつまでは「小顔ベストポジショナー®︎」で、矯正ポジションでの顔の形を記憶させます。骨は加えられた力に適応して構造を変化させていきます。これを骨リモデリングと言います。

顎を支える靭帯の回転軸に合わせて下顎牽引を行い、下顎をもっとも負荷の無いベストポジションの矯正位にした「小顔ベストポジショナー®︎」を作成しお顔のデザインを進めていくのです。

顎をリポジションする事で咀嚼筋・表情筋などの負荷を抑制しリラックスさせ、顎動脈の血流改善、自律神経の安定などのアンチエイジング効果もあります。特に頭蓋部と骨盤の副交感神経系の調整で、加齢による顔面部の骨量減少を抑制させて肌のたるみや眼の落ち込みを防げます。

13分を朝昼晩の3回装着、難しければ夜5分でOKなお手軽さ。体操と同じ感覚で続けられます。マスクを着けたままでも大丈夫です。

【1回の施術で2ヶ月持続させるメニュー】

さつまでは【1回の施術で2ヶ月持続】させるメニューがあります。

  • 持続する小顔矯正
  • 持続する歪み小顔矯正
  • 持続する歪み小顔矯正3Dリフト
  • 持続する歪み小顔矯正+ハイフ

これらのメニューでは、初回矯正後に上記の「小顔ベストポジショナー®️」を2個お作りします。

下顎の矯正ポジションでの小顔ベストポジショナーを毎日使っていただき、お顔の形を記憶させることができるのです。

1ヶ月に1個使用していただき、2ヶ月分の2個を継続使用する事で、初回矯正でのお顔のデザインをキープすることができます。

もっと変化を出していきたい場合は、継続して通っていただくことでさらに矯正したポジションでの小顔ベストポジショナーを作成しつつお顔のデザインを進めていきます。

◆もう少し骨リモデリングについて説明します

骨は、力学的な荷重に応じて破骨細胞による骨吸収と骨芽細胞による骨形成を繰り返し、自らを再構築(リモデリング)することで、その構造と機能を維持しています。この骨の力学的な適応現象は、「骨は加えられた力に適応して構造を変化させる」というWolffの法則として知られているものです。

骨には皮質骨(緻密骨)と海綿骨(小柱骨)2種類の組織があります。

頭蓋骨、骨盤などは海綿骨でできており隙間が多く表面積がより大きいため、ターンオーバー(代謝回転)の速度がずっと早いため骨のリモデリングが進みやすいです。リモデリングの際、骨の中の骨細胞が力学的刺激を反応し、骨吸収と骨形成のバランスを調整することで応力に対応した骨構造を形成することになります。

骨リモデリング周期は再吸収から最終的な石灰化までの一連の細胞事象を完結するのに必要な時間であり、一般的には28ヶ月続くことになります。リモデリング単位は段階的にずれて周期進行して数年かけて全体がリモデリングされていくことになります。

関連記事

  1. SMAS筋膜とリガメント

  2. 太ってないのに顎下がたるんだり二重あごになってしまうのは?

  3. 顎位と顔の歪みの物理

  4. 頭蓋骨矯正~頭蓋骨と仙骨の連動~

  5. 【当院のO脚矯正】O脚は顔も歪んでいる

  6. あなたの顔、本当は大きく見えるだけ?

おすすめ記事

最近の記事