顔と体は一つのユニットです、顔と体の同時矯正をお勧めする理由。

こんにちは、総院長の薩摩宗治です。私が柔道整復師を始めて30年、渋谷で整骨院を開業して19年目に表参道青山院をオープンすることが叶いました。若かりし骨接ぎの時代から、ゆがみ、骨格矯正を追求した結果、O脚から骨盤、顎関節にたどり着き、顎関節矯正で小顔になると評判になり、雑誌やメディアに取り上げられるようになりました。なぜ美しくなるか?小顔にみえるのか?なぜ肌質や形が変わり体調が良くなるのか?噛み合わせが変わるのか?私の技術や理論を説明するためには整骨学と歯学の融合を試みる必要がありました。そして歯列と噛みあわせを学ぶために43歳で歯科大学に入学し卒業、歯学学士を取得致しました。顔、顎、頭蓋、全身骨格は一つのユニットとして矯正することが重要です。顔面部は相対的に身体のゆがみの影響を受けるからです。歪みの癖を見つけ全てを同時に矯正された顔、体は健康的で機能的、そして素晴らしく審美的です。さつま式®️で矯正された顔、体は自己矯正力が働き自然に美しくリモデリングされリデザインされるのです。私が考案した整顔矯正ポジショナー™️は歯科矯正のマウスピースのように取り外しが可能で自宅でも顔を矯正できる装置です。審美的なデザインを保つために、健康を保つために1日10分私たちにください。毎日3分を3セットのセルフケアで保ち続け健康でいることが可能になるからです。

柔道整復師・顎顔面骨格矯正師/薩摩宗治(Muneharu Satsuma)

 

 

略式

柔道整復師・歯学学士
さつま骨格矯正鍼灸整骨院 総院長

———————————-
山口県立萩高校
帝京医学技術専門学校 柔道整復学科
鶴見大学歯学部歯学科 卒業 歯学学士取得
日本オステオパシーメディスン協会 会員
日本抗加齢医学会 正会員 オーソティックスソサエティー 会員
足と靴の研究所 会員
日本超音波骨軟組織学会 会員
日本赤十字社医療センター 登録柔道整復師 認定等
Bimler 歯科機能矯正 Seminar

DIAGNOSTIC ET TRAITEMENT DANS LE SYSTÈME CRANIE ET CRÀNIO-SACRÈ-4
Presented by Jean ARLOT D.O. ジャン.アルローD.O頭蓋システム及び頭蓋仙骨システムの診断と治療.International Seminar4認定

Mechanical link seminar musculo-skeletal2 spinal column extremities Presented by Paul E. Chauffour.D.O ポール ショフールD.OMechanical link seminar2 脊柱.四肢認定等

プロフィール

柔道整復の技術と歯科咬合学、オステオパシーテクニックを融合した顎顔面骨格矯正を専門分野とする。矯正術とセルフケア、ゆがみ予防の重要性を説いた[さつま式メソッド]を提唱。独自メソッドをもとに、あごのゆがみをはじめ、治らないとあきらめていた数々の顔や体の悩みに大きな効果をあげ、その技術の高さにより美意識の高いモデル、女優など、多くの著名人からも厚い信頼を得ている。また、独自のゆがみ改善技術が女性誌をはじめとするメディアに毎年取り上げられている。全身骨格と歯列、噛み合わせ連動の研究をしたく歯科大学を卒業し歯学学士を取得。現場の臨床、セミナー開催等で後進の育成に力を注いでいる。2016年、自身初となる書籍「顔の「ゆがみ」がなければ、あたなはもっと美しい!顔面筋革命」を講談社から発売。


さつま総院長の初の美容本
顔のゆがみセルフケアBook「顔面筋革命」
講談社より全国書店にて販売中

影響を受けた本


ヘルシーエイジング = 美と健康に向けた最高の矯正術

私は医師であり博士のアンドリューワイル先生の治療、健康、美容の考え方が大好きです。

アンドリューワイル博士のプロフィール

そして、顔矯正後のベストなポジションを維持する為に、自宅でのセルフケアも、指導致します。

博士の健康と美容の考え方に“ヘルシーエイジング”があります。健康的に年齢を重ねるという意味ですが、私も同感です。

顔の表情を創り、筋肉の張りや、 緩みのもととなる表情筋は筋肉であり、一生鍛え、育てることができる器官です。
顔面の筋膜は形を造り、皮膚はその筋肉と筋膜の影響を大きく受けます。

シワやタルミ、咬筋のエラ張り等は筋肉の肥大や筋膜の癒着で起こります。アンチエイジングの為に 安易に注射やメスを選択することで、顔の筋肉の力を削ぎ、自然に育ち鍛えられるチャンスを失います。

シワやたるみ、歪みなど、気になる部位は、そのほとんどが手技での矯正が可能で、リハビリで回復し強化する事が出来ます。

すでに美容整形外科での施術を受けた方も、矯正や表情筋のリハビリで回復が可能です。