「審美小顔矯整骨」と「シンメトリー小顔矯正」と「歪み小顔矯正」の違い

こんにちは!
表参道青山院の工藤です。
過去のブログで「シンメトリー小顔矯正」と、「歪み小顔矯正の違い」についてお伝えしましたが、
本日は外側と内側からアプローチできる「審美小顔整骨」を含めた3つの違いについてお話ししていきます。

審美小顔整骨

審美小顔整骨とは、お口の中側と外側からの2つの小顔矯正を施術します。
筋肉、骨膜、リンパの3層にアプローチし施術していきます。
お口の中からの施術は、他のメニューと同じように箇所数を選ぶことも出来ます。
お口の中から「歪み小顔矯正」でお顔の歪みを整えた後、
外側からの「美容小顔矯正」で審美を整え、首、肩や顎下リンパにもアプローチしていきます。
そのため顎の症状だけでなく顔のむくみや、肩こりにも効いてきます。
また、奥行きのある立体的なお顔に仕上げます。

シンメトリー小顔矯正

シンメトリー小顔矯正とは、主に美容や審美に特化した小顔矯正になります。
お口の中から筋肉や骨にアプローチしていき、最後にEMS(電気)を当ててお顔を整えていきます。
特に、最後のEMS(電気)を当てることで顎下やお顔の柔軟性を出し、引き締め、クマ、むくみなど血流も良くしてくれます。
最初にお口の中からお顔の歪みを整えた後にリフトアップ、引き締めていきます。
顎下はフェイスラインを出すのに大切で、顎下に硬さが強いと上を柔らかくしてもなかなか上がりが悪くなってしまいます。
EMS(電気)が含まれないメニューの場合、3Dリフトやハイフでお顔をリフトアップしていきます。

歪み小顔矯正

歪み小顔矯正とはオールハンドで主に機能、歪み、症状に特化している小顔矯正になります。
この矯正もお口の中からアプローチしていきます。
特に、顎関節症やお口の開閉に違和感があったり、食いしばり、お顔の左右差(目の高さ、口角の高さ、頬の高さ、顎のシフト等)、顎関節の痛みなどが気になる方にオススメしている矯正になります。
症状の原因となる筋肉を緩めたり、骨膜を誘導してお顔の左右差や症状を改善していく施術になります。

また、当院では体の矯正も並行して施術するのをお勧めしております。
体はお顔とすごく関係が深く、体(骨盤矯正)から施術することで土台からしっかり施術することができます。
骨盤の高さが違うと肩の高さも左右差がでやすく、そうすると首の頭蓋骨に付着する筋肉の緊張に差がでてお顔の奥行に影響したり
巻き肩が強いと首が前に突出し、下を向きやすくなり交感神経も圧迫され食いしばりのしやすい姿勢、
顎下のもたつき、お顔全体のたるみにも関係してきます。
お顔を施術で整えても、体の歪みが強いと後戻りしやすくなってしまったり食いしばりの癖がなかなか改善しにくくなります。
お顔と体をセットで施術することで顔のみの施術よりもさらに大きな効果を実感できると思います。
他にも様々なメリットが他のブログに記載されていますので是非ご覧ください。

まとめ

シンメトリー小顔矯正も歪み小顔矯正も、審美小顔矯正もお口の中からアプローチしていく矯正ですが、

3つの大きな違いは、
美容、リフトアップに特化しているのが「シンメトリー小顔矯正」
機能、症状にオールハンドで施術しているのが「歪み小顔矯正」
機能、審美にアプローチしていくのが「審美小顔整骨」

となります。

また、どちらの矯正も症状によって箇所数が分かれており、エラとフェイスラインだけ気になる目の高さや頬の高さも気になるなどご自身の気になる場所で決めていただければと思います。
箇所数は5、10、20、40に分かれており、それぞれの詳しいことは他のブログに細かく書いてありますのでそちらをご覧ください。

メニューがたくさんありすぎてどれを選べばいいか分からない時は、上記を踏まえてメニューをお選びいただけるとスムーズかと思います!
もちろん来ていただいて先生と相談してからメニューを決めていただいても大丈夫です。

ご予約はお電話やホットペッパー、インスタグラムのDMでも受け付けております!
ご気軽にお問い合わせくださいませ。

〜各院のページは下記より〜
渋谷院

広尾院

表参道青山院

 

 

関連記事

  1. 枕の高さについて

  2. 鍼灸師・久保田将

  3. 太ってないのに顎下がたるんだり二重あごになってしまうのは?

  4. 業界最上級の検査、分析 ~3Dスキャナー~

  5. 「アデノイド顔貌」という言葉を聞いたことはありますか?

  6. どこ見て歩く??良い姿勢と悪い姿勢について

おすすめ記事

最近の記事