下を向くと顔は老化する!

さつま骨格矯正の柔道整復師、古川です。
今回は下を向く事での顔への影響をご紹介いたします!
普段から下を向く回数が多い方もいるのではないでしょうか。

パソコン作業や立ち仕事でも手元の作業になると下を向きますよね。
その時間が長ければ長いほど顔にとって悪い影響が多く出現します。
今回はそんな下を向く事での顔への影響についての投稿になります。

下を向く事での顔への影響とは。


座っている状態、立ってる状態のどちらでも同じなのですが、
下を向く事で首前面の筋肉の長さが短縮し、逆に首背面の筋肉は長くなっていきます。
それにより筋肉に覆われている骨は真っ直ぐになりストレートネックになります。


ストレートネックになる事で、首背面の筋膜は伸びてしまいおでこにのしかかってしまいます。
反対の首前面の短縮が起こると顔の皮膚や筋肉は下に引っ張られてしまいたるみに繋がります。

さらに下を向く事で下あごの位置が後方にずれ込んでしまい、下顎最後退位と呼ばれる状態になります。


その状態では、下あごに気道を塞がれ呼吸が浅くなったり、かみ合わせが深くなってしまい食いしばりが起こってきたり、リンパの流れを疎外しむくみ易さなども起こってきます。
その為、普段から上を向くほどに下あごの位置は矯正され良い位置にずれるのですが、下を向く時間が長いと顔や体の不調が数多く起こってきます。

そして上を向く回数を増やす事も大切ですが、回りの筋肉の強さや硬さを改善する必要もある為、当院での施術で下あごの位置を矯正する事ができます。
少しでも気になったり、普段から下を向く回数が多い方は是非一度お試し下さいませ。

関連記事

  1. お久しぶりです、そして初めまして。柔道整復師の古川嵯織です。…

  2. 患者様がフィットネスコンテストのグランプリ受賞(地方予選大会…

  3. 日本テレビ系列:ひと目でわかる出演!!

  4. 口腔内から診るあなたの癖と健康状態

  5. New治療器「パーカッションハンマー」

  6. 足底は身体の○%で支えている

おすすめ記事

最近の記事