歯ぎしりの3つのタイプと対策について その2

こんにちは、歯科医師の伊藤です。

前回のブログでは歯ぎしりの3つのタイプとその対策について簡単に説明しました。

歯ぎしりを増悪させる要因

今回は歯ぎしりを増悪させる要因について説明します。

まず前回もお伝えしましたが、夜間の食いしばりや歯ぎしりは無意識下で行われるため自分の意志では止めることはできません。

そのため食いしばりを完全に止めることを願うより、いかに食いしばりの程度を抑えるかがポイントになります。

まずは食いしばりを増悪させる要因は何かを考えていきましょう。

食いしばりを増悪させる要因はストレス

食いしばりを増悪させる要因とはズバリ、ストレスです。一概にストレスといっても、いろいろなストレスがあると思います。

肉体的なストレス

一つ目は肉体的なストレス。睡眠不足や、食生活の乱れ、仕事が忙しい、過剰な運動、風邪などの体調不良、女性であれば生理も挙げられます。

精神的なストレス

二つ目は精神的なストレス。人間関係や、仕事場でのイライラ、単純に気分が優れない状態が続くと滅入ってしまいますよね。

環境的なストレス

三つ目は環境的なストレス。天候や、気圧変化。または生活環境の変化、引っ越しや、職場の変化なども挙げられます。

上記のようなストレスは交感神経を昂らせ、筋緊張を引き起こし結果、食いしばりを助長させます。

ストレスを溜め込みたい人はいないと思いますが、ストレスを溜め込まない様に日々の生活を過ごすことは非常に大切です。

知ることだけでも有益

また単純にストレスが、余計な筋緊張、食いしばりに関与していることを知ることだけでも非常に有益です。

例えば、睡眠不足かつ仕事が忙しくイライラしている状態で朝を迎えたとします。

身体も怠くて気分も優れないのに、食いしばりで顎周りが疲れていたり、頭が痛い、首肩がダル重いなどの症状が重複したら、きっともっと気分が落ちて、さらに身体も怠くなり、どんどん負の連鎖に陥ることでしょう。

しかし、ストレスが筋緊張や食いしばりに関与していると知っていたとします。

先と同様に疲れていて起床時に顎周りが怠くても、心身が疲れているから筋緊張が強くなっているんだな。と冷静に判断することが出来ます。メンタルが極度に落ちることはなくなります。ストレスが余計な筋緊張や食いしばりに関与していること、を知っているだけで、その知識はきっとご自身を助けてくれると思います。このブログを読んだ方はこの情報を頭の片隅でいいので入れておいてあげるとよいと思います!

当院では、顎顔面の施術だけでなく、習癖のコントロール、セルフケアについても指導していますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

次回も食いしばりについて、お話したいと思います!

関連記事

  1. 顎関節症の治療計画について

  2. 顎関節症とは【分類編】(後編)

  3. 顎関節症とは ー分類ー(前編)

  4. 顎関節症とは ー定義編ー

  5. ヒアルロン酸、セラミド、ビタミンC、プラセンタ、コラーゲン導…

  6. 歯ぎしりの3つのタイプと対策について その1

おすすめ記事

最近の記事