【毛細血管の重要性】血管の健康=身体全体の健康

血管の健康を保つということは、身体全体の健康に繋がります。
血管というと動脈、静脈を思い浮かべる人が多いでしょうが、最近では毛細血管も大きなポイントとして見られています。
毛細血管に問題があると、シミやしわの原因になるだけでなく、冷え性になりやすかったり免疫力が低下したり、その他の病気に繋がる可能性もあります。

毛細血管はなぜ重要なのか??

血管の総延長は約10万kmで、地球2周半の長さとも言われています。
約100億本あると言われている毛細血管は、血管の約99%を占めています。
動脈と静脈の間に位置し、細胞に必要な酸素や栄養を届け、不要になった二酸化炭素や老廃物を回収するのが毛細血管の役割です。
そのため、毛細血管あらゆる細胞と0,03㎜以内にあるとされています。
身体の細胞約37兆個といわれる全ての細胞の至近距離まで毛細血管が張りめぐらされているということなります。
毛細血管には小さい穴が開いており、適度に漏れることで周囲の細胞に酸素や栄養を届けることができます。
しかし、加齢などが原因で血管の先に血液が届かなくなってしまうことがあり、その状態が続くとその先の血管が消滅してしまいます。
それがゴースト血管とも呼ばれています。
毛細血管が減ってしまう原因の一つは加齢とされています。
そして、高血圧や高血糖、脂質異常などが重なるとゴースト血管は更に増えてしまいます。

毛細血管が減るとどうなるのか?

毛細血管が減少してしまうとその先にある細胞に酸素や栄養が届きません。
それが皮膚に近い場所で起こると肌のシミやしわの原因になったり薄毛や白髪の原因になるといわれています。
また、酸素や栄養が届かないと、心臓はもっと強い力で血液を送り出さないといけないと判断してしまうので高血圧になりやすく、動脈硬化の進行、心筋梗塞や脳卒中のリスクが上がってしまいます。
血液は酸素や栄養だけでなく、白血球も身体の隅々まで運び免疫に寄与しています。
そして、一定の温度の血液を運ぶことで、体温を維持するのも毛細血管の役目です。
血液が届かなくなると冷え性になるリスクも出てきてしまいます。

毛細血管の減少を予防・改善するには?

毛細血管の血流をよくすることでゴースト血管ができるのを防げます!!
すでにあるゴースト血管にも血液がしっかりと送られれば毛細血管は再生するとも言われています。
運動や食べ物からでも血流改善し毛細血管の減少を防げたりもします!

まずは運動だとふくらはぎをしっかりと動かすことです。
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれているため、ポンプ作用でしっかりと心臓に血液を戻す動きをしています。
そのためカカト上げの運動やスキップ、ふくらはぎのマッサージが効果的だとも言われています。

食事について

次に食べ物です。


生姜や酢です。
生姜には身体を温める効果や血管を拡張する効果があると言われています。
更に血液をサラサラにしてくれ流れをよくしてくれます。
そして酢には、血管を拡張したり血栓(血液の塊)をできにくくする働きもあります。

この様な予防や改善方法を用いて普段から気をつけて生活することがお肌のハリやしわ、シミの対策にもなるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

さつま骨格矯正では日頃からスタッフが勉強し週に1回の勉強会で意見交換や技術を学んでいます。
そうしてしっかりと自分たちで学んだことを患者様にも伝えられる様にしています。
検査や問診、施術においてもスタッフ1人1人が向上心を持って望んでいるので、お顔の歪みや顎の痛みなど少しでも悩みがある方は
1度来院してお話や施術を受けてみることをおすすめします!

関連記事

  1. 歩行と姿勢、足底の減り方の関係

  2. 骨のリモデリングについて

  3. ストレートネックについて

  4. はじめまして! 山本 翼です!

最近の記事

おすすめ記事