どこ見て歩く??良い姿勢と悪い姿勢について

こんにちは、柔道整復師の岡野です。今日は視線で、姿勢の良し悪しのお話を。

歩いてる時の姿勢

歩いてる時、立っている時、目線はどこを見ていますか?

視線1つで首への負担も増減します。

ずっと下を向いて歩いてる人、または、歩きスマホ。

街を歩いてる方、ほとんどが。地面 or スマホを見ています。

頭の重さはなんと10キロ程度あります。その頭を支えるのが首です。

首に負担をかけ過ぎると、不調の原因です。ストートネック、首凝り、肩こりも視線が原因かも?

首の位置として、目安は、鼻の下と、耳の穴が、地面と平行のなるぐらいがベストです!地面ばかり見て歩いてても、いいことありません。

少し上を、空を見上げて歩いてみてください。それだけで、気分が晴れたりするものです!!

]]>

関連記事

  1. 「噛み合わせ」の前にまずは「歯」について知ろう

  2. 歯列矯正で顎の不調に?!

  3. 全身の舵取り骨

  4. 舌の重要性

  5. 卒業のお知らせ

  6. 2016年のさつまは…

おすすめ記事

最近の記事