どこ見て歩く??良い姿勢と悪い姿勢について

こんにちは、柔道整復師の岡野です。今日は視線で、姿勢の良し悪しのお話を。

歩いてる時の姿勢

歩いてる時、立っている時、目線はどこを見ていますか?

視線1つで首への負担も増減します。

ずっと下を向いて歩いてる人、または、歩きスマホ。

街を歩いてる方、ほとんどが。地面 or スマホを見ています。

頭の重さはなんと10キロ程度あります。その頭を支えるのが首です。

首に負担をかけ過ぎると、不調の原因です。ストートネック、首凝り、肩こりも視線が原因かも?

首の位置として、目安は、鼻の下と、耳の穴が、地面と平行のなるぐらいがベストです!地面ばかり見て歩いてても、いいことありません。

少し上を、空を見上げて歩いてみてください。それだけで、気分が晴れたりするものです!!

]]>

関連記事

  1. 顎関節顔面頭蓋矯正での矯正効果 その2

  2. さつま沖縄研修旅行!!

  3. 治療器具紹介『インディバ』

  4. 理解と対策で高湿度からくる不調とおさらば

  5. 顎関節症/顎エコー関節円板矯正

  6. 風邪の予防のおさらい

おすすめ記事

最近の記事