身近に潜む顎関節症

1年の半分が終わり7月に入りました!
梅雨でじめじめする日が続き、かといって日差しが弱いというわけでもなく、
不快度指数が爆上がりの日々ですがみなさまいかがお過ごしでしょうか☔

年々気温が上がり、紫外線も強くなって肌が悲鳴をあげているので
「今年は日傘デビューでもしてみようかな🧐」と思い立ち、たった今、日傘をポチった橋場です🦕

今日のテーマは顎関節症です💀

顎関節症か…私には関係ないわ😀
と思った方、ちょっと待ってください。
もしかしたらあなたも顎関節症かもしれません…!

身近に潜む顎関節症

顎関節症は、🦷虫歯 🦷歯周病にならぶ第三の歯科疾患とも言われており、学校の歯科検診でも取り入れられています。

⭐️まずはご自身の顎関節を触ってみましょう!
耳の穴の前にぽこっと出ている部分(ピアスだとトラガスのちょっと前)に優しく指を置いてみましょう。
そしてお口を開けたり閉じたりしてみてください。動くのがわかりますね?
そこが顎関節です👂

顎関節症の種類

・顎関節や咀嚼筋(そしゃくきん・咬筋などの噛むときに使う筋肉)の痛み
・顎関節の雑音(コツン、パキン、じゃりじゃりのような音がする)
・開口障害(お口を開けれない、歯医者さんでずっと開けていられない、大きく開くのがつらい)
・動きが不自然(動かすときにがくっと急激にずれこむ感じがする、顎関節の動きが左右違う)

これらの症状が主にみられ、この正体は
★咀嚼筋痛障害
★顎関節痛障害
★顎関節円板障害
★変形性顎関節症

です。

これを読みながら
「ん…?私口開けづらい…」「あくびの時ぱきってなるけど痛くもなんともないけどまさか…?」
「歯医者さんで口開けるのも大きなハンバーガー食べるのも苦手なんだよねぇわかる〜」
と思った方いませんか??

それ、顎関節症です!!

ではなぜこれらの症状が出現するのか🧐
原因はいろいろあります。

⭕️くいしばり

もちろんこれが入ってます!
何度もお伝えしておりますが、歯と歯が当たるだけでくいしばり
1日で歯と歯が当たっていい時間は20分といわれています。
噛むことで100kgほどの力が使われているのでそれほど強いパワーで筋トレしていると
当然筋肉は疲労し、関節には過度の負担がかかってきますよね。

⭕️日々の癖

いつも片側の歯で物を噛む「偏咀嚼」や、頬杖をつく癖、うつ伏せ寝、猫背。
くわえるような楽器演奏、長時間のデスクワーク、硬い物を噛んだり、長時間の咀嚼も毎日続けていれば筋肉や関節への負担につながります。

⭕️ストレス

家庭、仕事、学校、経済的な悩みや人間関係など多くのストレスが身の周りにあるかと思います。
精神的な緊張状態が続くと、くいしばりが増えたり、首肩の筋肉を緊張させ筋肉痛が起こります😱

⭕️その他

噛み合わせ(歯並び)、顎の関節の変形や骨の未発達、噛む筋肉たちのチームワーク
痛みの閾値の個人差、本人の性格・性質、睡眠障害など
これらも関与してきます。

こうして読んでみると意外と顎関節症になる原因は身近にあり、誰もがなり得る疾患といえます。

患者様と毎日お会いする中でも、自身が顎関節症だということに気づいていない方はたくさんいらっしゃいます。
痛みも特にないし、毎日のことで慣れてしまっていたり全く気にしていないという方も多いです。

しかし、この症状を放置していると、いずれ痛みがひどくなったり、お口を開けられなくなったりします。
まともに食事ができなくなり、身体の筋肉に過度な緊張も生じ、当然心身ともに不調をきたします😭
機能面が崩れてこればもちろん、審美(見た目)も崩れてきます。

あなたのお顔や身体の歪みの原因は顎関節からきているかもしれません。

当院では、顎関節に関係する筋肉にアプローチし、いらないストレスや負担を取ることで、
お顔や顎周りの機能の回復と審美性の向上をさせていただいております!

顎関節について気になることがある方、歪みでお悩みの方、顔と身体のバランスをしっかり整えたい方
ぜひご相談ください🎶

全国で猛暑日が発表されていますので水分や栄養をしっかり摂ってこの夏を乗り切りましょう🔥
皆様とお会いできる日をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

渋谷院のご予約

表参道青山院のご予約

広尾院のご予約

各院の場所や電話番号はこちらです

関連記事

  1. くいしばりとはなんぞや 第2話

  2. くいしばりとはなんぞや 第1話

  3. メニューにお困りの方集合‼︎ 12ヶ所と42ヶ所のクーポンと…